FC2ブログ

嫌悪感のあるM男 11

ここでは、「嫌悪感のあるM男 11」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1回目のプレイは、身体的には私が何回か尻を蹴っただけで終った。
ほぼ、言葉責めだった。
責めと言えば責めだが、私自身は責めた気はなく、嫌がらせをしたような感覚だった。

これ以降のプレイも、とにかく、なるべくDに触れず、必要以上に会話をせず
向こうが喜ばないような屈辱を、これだけを考えてプレイ構成を練っていた。
射精は最後にせず、いつも1番最初にさせよう、それが性的興奮を萎えさせるのに効果的だろう。
嫌われていたらSMは楽しくない、これをわかってもらいたい。


しかし、なんで私はDとSMするのか?
こっちの思惑にはまった姿を見ると、してやったりとほくそ笑むことは出来るし高笑いもでる。
だけど、嫌いな相手に意地悪をして喜ぶなんて私は嫌な人間だ。
瞬間喜んでも、すぐ後で嫌な感じがまとわりつく。
Dが望んでいるとしても、結局は公然と虐めをしている奴らと一緒じゃないか。
でも、その場その場で行動している訳じゃなく、SMプレイとして構成を練っている。
これはDとの戦いだと思うことにしよう。
勝つか負けるか。
勝って、お前は間違っていると言ってやりたい。
考えを改めますと、Dを謝らせたい。
私は、説明のつかないような変な感情をDに持ってしまった。

2回目のプレイはそれから1ヶ月後。
Dは自宅から出た私に近寄り言った。
「こんばんは、fin様。お荷物をお持ち致します」
「今日はやめる」
「えっ?」
「何でかわかる?」
「いえ、気が変わられたのしょうか?」
「お前が偉そうに話し掛けるからよ、馬鹿ね」
私は向きをかえてすぐに自宅に入った。
ドアをノックされようが、チャイムや電話が鳴ろうが出なかった。
私がいいと指示しなければ、話し掛けるのは厳禁。
気を利かせて行動するのも、余計なお世話だと徹底的に覚えてもらう為にそうした。
私を喜ばせようと気を利かせて行動されるのがうざったい。
Dが何をしてくれようが私は嬉しくない。
言う通りにさえしてればいいのだ。
奴隷なんだから。

3回目のプレイ。
Dは運手席側に出て直立して待っていた。
私は自宅から重い荷物を持って少し出た。
Dは何も言わず立っている。
私は荷物を置いて車に近寄った。
「ごきげんよう、今日はいい態度ね。荷物積んで頂戴」
「はい」
私は後部座席に乗った。
Dは荷物を積み終えて車を発進させた。
「今日はやめる」
「@@?」
「車を出していいとは言ってないけど」
「あっ、すみません」
「戻って」
Dは黙って車を自宅に戻した。
「お前馬鹿ね。いい?私の指示通りに動きなさい、何回も言わせるつもりかしらね。その内、お誘いもなくなるかもよ。ほんと馬鹿ね、ほら、玄関まで荷物運んで」
私は自宅に戻った。
今度はノックもチャイムも電話もなかった。
諦めたみたいだ。
それでいい、私は絶対許さない。
許しをこうなんて事は無理なのだ。

4回目のプレイ。
Dは玄関から出てきた私を何も言わず見ていた。
私はアゴで荷物を示すと、Dは荷物を置いたところへ小走りで行き、荷物を運んだ。
「○○方面に行って」
「はい」
さて?場所を指定しなかったらDはどうするか。
暫らく黙っていた。
Dは同じ界隈をくるくると回っている。
「○○ホテルに行くから」
私は言った。
着いて降りようとドアに手をかけたDは、慌てて私を見た。
「荷物を持ってから、こっちのドアを開けにきて」
「はい」
勝手に降りでもしたら帰ろうと思っていた私の考えを読んでいたのか?
それとも次はどうしよう、どうしたら・・・とDは常に考えるようになったのか。
心の中で「おぉ、うちの犬みたいだ」と私は思っていた。

実家の犬は、私が貰った犬だ。
母親は遊ぶだけで世話をしない私にブーイングの嵐だったが、子供の時からそれは続いていた。
世話好きな母は文句を言いつつも面倒をみてくれた。
遊んだり躾たりするのは私なので、母は友人、私は主人。
歴代の犬はみなそういうスタンスだった。
犬は主人の顔をいつも見ている。
目を離すことはない。
側にいたら、食べる時でさえも横目でこちらを見ながら落ち着かないように食べている。
それを思った。
そうよ、こちらを常に見て、指示を待つ、逆らわず、余計な事も言わず、見返りも求めない。
ご褒美はある。
だがそれはこちらに対する態度が良いのと、私に愛情があるからだ。
この態度が欲しかった。
Dには犬のような奴隷がぴったりだ。
しかし、私に愛情はない。
Dにはご褒美は無しでいい。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
この記事へのコメント
こばわ。
まさか、「そして今、Dはわたしの足元に侍っていて、必死に足の指をしゃぶっており、近々所帯を持つ予定」なんてオチだったりしませんよね?
2005/10/27(木) 00:30 | URL | しんのすけ。 #-[ 編集]
>しんのすけ。さん
まさかそんなオチはあり得ませんですぅ(笑)
2005/10/27(木) 00:40 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
こんばんは!

アッ、fin様のお許し無しに勝手に挨拶してしまいました ^^;;

Dとの戦い、読み応えありました!!
正に犬とはそういうものですね。
ウチにも犬が居ます。

でも、愛情の無い犬のDは・・・哀れ
って知らない犬だからいいや
^^;;
2005/10/27(木) 01:17 | URL | バイセクシャル同盟:ビビ #nmxoCd6A[ 編集]
>ビビさん
待って~、これ私のスタイルじゃないのよ~、ないのよ~(焦っ)
挨拶して、どんどん(笑)
しかし、「知らない犬だからいいや」って簡単に・・・好きだなぁ、そういうトコ^^
スッパリしててね、ほんと、ゲイ万歳!(^^)
2005/10/27(木) 01:35 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
すごいっす・・・。
まさにプレイを超えた「調教」ですね~。
ホントに、「プレイ」してくださるSさまには感謝しなければ・・・と思いますです(汗

ご主人様の顔色を伺ってるのは楽しいんですけどね~
2005/10/27(木) 09:01 | URL | エンタ #/B8kt1Mk[ 編集]
>エンタさん
最上級な意地悪みたいな感じですかねェ。
SM関係長くて、気心知れて、さあ今度からはこうしますよ、いざ、このプレイってのならありだと思うんですが、最初からこれじゃねぇ、ふぅ~~って溜め息ものです(^^;)
顔色見られるのいいですわ~、可愛くって打ちたくなり・・・いえ、抱きしめたくなります(^^)
2005/10/27(木) 21:23 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
To.fin様♪

さすが!!!...の
          一言....♪

2005/10/28(金) 00:15 | URL | rino #Yn5yubKE[ 編集]
やな女ね~~、私(^^)
2005/10/28(金) 21:18 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。