FC2ブログ

嫌悪感のあるM男 10

ここでは、「嫌悪感のあるM男 10」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初の屈辱指令を難なくこなし 「またのご連絡を心よりお待ちしております」 嬉々と書き記したDに、私はどう対処すべきか。
普通のM男性の反応と違う。
性格異常者に近いのか。
性格異常者は人的犯罪者に多いが、マゾなのだから危害を加える例とは結びつかない。
どっちかと言えば、殺られたいのだし。

それに最初聞いた時と違う嘘もみられる。


両親とは良好な関係だった、虐められた事はないなど。
もしかしたら、こうあって欲しい、こうあるべきと思い込んで、それが自分の中で本当になっているのかもしれない。
子供が嘘をつく、追求に本当の事を言えないような状況になり、嘘をつき続け、いつしかそれが事実だと思い込み、本当の記憶になる。
これと一緒かも。
Dの精神年齢が疑われる。

私はDと普通にSMプレイをしてみようと思った。
Dはどうせ、これからもしつこいのだ。
大嫌いだが、こっちが真剣に嫌悪感をプレイにして付き合い、やっぱり無理と私が言えばDは納得するかもしれないじゃないか。
嫌いな相手に思いっきり罵声を浴びせ、本気で軽蔑の態度を取り入れたプレイなど、これから出来る機会はないだろう。
そんな相手を募集する気もない。

今回の感想について、私はなんの反応も示す事をしなかった。
どうであったかと聞かれても、ちゃんと指示通りに行われていて不満はない答えるのみにしていた。
Dは不満に思ったであろうが、こんな茶番に付き合う気もなかったし、こちらが反応すればDが喜ぶかもしれないからだ。
Dとはそれから3ヶ月して、お互いの仕事が落ち着いた頃、約束をしてラブホへ向った。
殆ど連絡もとらない日々が続いていたが、いきなりこちらから誘った。
私はDとSMプレイ以外で話すのも嫌だったので、ラブホへ向う最中Dに言った。
「私が話し掛けたら答えるようにして。お前から話し掛けることしないでね。
お前は私に何も言う事なんてないはずよ。私の言う通りにしてらばいいんだから。不満があるならいつでもやめて帰ってもらって結構。お前に話し掛けられるなんて虫唾が走る」
「はい、わかりました」

車中で私はルールを考えた。
なるべくDとコミュニケーションをとらないで物事を進められるようにしたい。
Dは全面的にこちらの指示通りにすると言っている。
静かに考えた。
部屋に入る時、私はアゴで示した、Dに先に入るようにと。
ドアを開けて先に入り、靴を脱いでいるDの背後から、尻を思いっきり蹴った。
「ぐずぐずしないで、早く入んなさい。寒いのよ、わたしが」
片方の靴を引っかけたまま前に突っ伏したDは
「すみません」
といいながら慌てて靴を脱ぎ、私の方に近寄ってきた。
「誰が二本足?お前いつから二本足で歩くようになった?」
すぐに四つん這いになるD。
「靴を咥えて置いてきなさい、早く」
私は土足であがった。
暖房を調節しながら私はソファに座った。
Dは戸口で正座し、待っていた。
「こっちへきなさい」 四つん這いで来る。
「ここに正座して」 私の前に正座するD。
「今から私が決めたルールを言うから従ってもらいます。それを破ったらプレイは終わり。いい?」
「はい」

1、自分から私に話し掛けない事。ただし、私が答えを求めたり、質問した時などはちゃんと答える事。
2、私や私の物に勝手に触らない事。こちらが指示した時はよし。
3、言い訳や嘘をつかない事。
4、NGの場合は曖昧に言わずNGですとはっきりいう事。口枷などしていて言えない場合は、大声で叫ぶ。
  それ以外はNGと判断しない。

これをDに説明した。
Dは従う事を約束した。

「土足いけないのよね、ここで脱ぐから。私が歩いたところ、唇で掃除してきなさい」
「私の靴、玄関までもっていって」
「私の荷物抱えて、膝歩行していらしゃい」
上着も脱いでないDは汗びっしょりになりながら動いていた。
「なに馬鹿みたいに汗かいてんの、気持ち悪い。ここに来て脱ぎなさい服を」
「四足じゃない時は、膝歩行ね。この部屋にいる間は全部それで行動なさい」
私はいらいらと矢継ぎ早に指示した。

「ほら、早く脱ぎなさい。服なんか着てるから汗かくのよ、お前は裸で充分よ」
私の目の前でDはのろのろと脱ぎ始めた。
「恥かしいの?」
「はい、fin様の前で脱ぐのは初めてでございますので」
「どうかしらね、チンチンが硬くなってるから恥かしいんじゃないの?」
私は下から股間を蹴り上げた。
「うっ、す、すみません」
玉蹴りに耐えながら脱いだDのアレはビンビンになっていた。
「その服、隅にどかして」
Dは勃起したままの膝歩行で移動し、四足で戻ってきた。
「話し掛けません、触りません、いい訳や嘘は言いいません、ここで私に誓いなさい」
Dは復唱した。

既に勃起し、先端から我慢汁をたらしているアレに、私はとても嫌悪を感じた。
喜んでいるDの心を代弁しているアレの反応がとても嫌だった。
「お前の大きくなっているモノね、目障り。3分待つからどうにかなさい」
「はい、頑張ります」
目を閉じたり天を仰いだりしていたが、アレはそのままであった。
「どうにもならないなら、扱きなさい。ゴム着けて扱いて出しなさい」
「今でございますか?」
「お前は、耳が聞こえなくなったのかしら」
「はい、わかりました」
ゴムを装着したDは私の前に正座したまま、扱き始めた。
「私の顔見ながらしなさいな。ほら、目を見てやんなさい。早く出しなさい、早漏なんでしょ、前は話してる最中にこそこそ出したじゃないの。それともこそこそしないと出来ないの?」
Dの顔に唾を吐いた。
Dは 「あぁ」 と声を漏らして手を早めた。
「目を見なさい、目を閉じて快感を堪能するなんて駄目よ、目を開けて私を見なさい」
「fin様、もう出そうです」
「今、私に話し掛けた?」
「すみません」
「やめなさい、手をとめて。もう終り、ルールを破ったら終わりだと言ったでしょ。服を着て帰りなさい」
「えっ、あっ、すみません。つい、黙って出してはいけないかと思いまして・・」
「ほら、また。今度はいい訳した。いいから、早く服を着なさい」
「お許し下さい、申し訳ありません」
「復唱までしたのに、それもついさっきの事なのに、忘れるのが早いこと。馬鹿ねぇ、あははは」
「お許し下さい」
「私が悪いんじゃないわよ、お前が墓穴掘ったのよ、馬鹿ね、あははは」
「はい、私が馬鹿でございました、お許し下さい」
「さあね、とにかく服を着なさい。アレも萎んできてるじゃないの。あははは。ゴムがブラブラしてみっともないわよ」
Dは諦めたような顔をしてゴムを取り、シャツとスラックス姿になった。

「来てすぐ帰るのももったいないから、お風呂でも入って帰るわ。浴槽にお湯をためてきて。」
「はい」
「長風呂だから、飲み物とタバコ、灰皿、トレイの上に並べて浴槽の所に持っていって」
Dは言われた通りに動く。
「道具の中にあるから目隠し持ってきなさい」
「はい」
「目隠しとガムテープとローションね」
Dは持ってきた。
「ローションを髪の毛に軽くつけなさい。それが出来たらガムテープでしっかり目隠しなさい。絶対見えないようにね」
「はい」
「もうちょっと広範囲に巻きなさい、耳は塞がないように」
額から鼻の頂点まで、ぐるぐる巻きにさせた。
その上に革の目隠しを装着させた。
「今からお風呂に入るから、風呂場の戸口で私の入浴を見てなさい。あら、見えないわよね、見えないから聞くだけね。お前は聞くだけが好きなのよね。あははは」
「四つん這い手探りで戸口まで行きなさい、ほら早く」
尻を蹴った。
手探りで進むDは不恰好で笑えた。
「お前、かっこ悪いわーー、物乞いみたい」
Dは風呂場の戸口に正座した。
私はDのすぐ横で全裸になり、風呂場に入った。
「見えないから残念ね。でも聞こえるから満足でしょ、聞きながら今何をしてるか想像するんでしょ、嫌らしい」
「下だけ裸になりなさい、お前のアレがどうなってるかもうわかってるわよ」
Dは脱いだ、勃起している。
「お前の心はコレね。犬の尻尾と一緒、振ろうと思って振ってるんじゃないでしょ。喋んなくてもココみたらわかるからもう喋んなくていいわ」
Dは黙って座っていた。

私は入浴中、彼氏とのSEXを延々と語った。
どうされると感じるか、クンニの詳細な説明や快感がどんな風にくるか、どこが敏感か、体位は、挿入のリズムは、舌の這わせ方、キス、愛撫・・・etc。
ぬるま湯に浸かりながら1時間近く、話したり、タバコを吸ったりして過ごした。
Dは相槌をうつ事も禁じられていたので、勃起したり萎みかけたり忙しくしながら黙って座っていた。

私は入浴を終え、服を着た。
「目隠しを取ってこっちにきなさい」
下半身丸出しのまま、四足で移動し、私の前に座った。
「ローションを洗面台で洗ってきなさい。ちゃんとドライヤーで乾かしてから戻ってきなさい」
「いいわね、じゃ、服を着て。帰るわよ」
「お許し下さい」
勃起して腹や周辺に我慢汁をベタベタつけている格好のDは言った。
「何を許すの?」
「私がルールを破った事を許して頂きたいのです」
「駄ー目。今日は終るわ。破った次点で終るのよ、わかった?」
「どうしてもでしょうか」
「しつこいね、これ以上言ったら今後もない事になるけどいい?」
「申し訳ありませんでした、服を着て帰ります」
「そうよ、早くなさいな」
Dは服を着た。
「早く出なさい」
尻を蹴りながら急かして部屋を出た。

車中で私はDに話し掛けなかった。
Dも黙っていた。
横にいるのがいらいらする。
今度から後部座席に座るようにしよう、そう考えながら窓の外を見ていた。
「じゃ、1ヵ月後くらいに私から連絡するから」
と私は言ってDと別れた。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
うわーーん・・。
厳しい責めっすねー。いわゆる生殺し状態です(涙
プレイじゃなくて本気で、っていうのはDさんの望みであったわけですけども、後悔してるでしょうか。。。
でも、実際のところ、玄関で蹴られたことや、オナニーさせられたことや、お風呂のこととかを思い出して、一人でやってるに違いありません!!(爆

で、一人でやってると、また妄想が妄想を呼びまして。。。

M男ってしぶといですよね~。。
したたか(笑
2005/10/26(水) 17:03 | URL | エンタ #/B8kt1Mk[ 編集]
訪問いただきありがとうございます。僕はマゾで、顔面騎乗、聖水拝受、舌舐め奉仕などのソフト系、フェチ系が好きですね。これまではSMクラブ中心ですが、プライベートの女王様を求めているところです。ブログはご覧のとおり顔面騎乗、聖水拝受の画像とか、自作の小説をUpしております。自分の願望と妄想を文章にして吐き出している感じですね。fin様のブログ、リンクしちゃっても宜しいでしょうか?S女性の方とお話するのも楽しそうですので、これからもおじゃまさせて頂きますね。
2005/10/26(水) 20:11 | URL | えいちゃん #-[ 編集]
>エンタさん
い~え、まだまだ、だって、尻蹴っただけですもん^^
でも実際、こんな事されたらすーぐ逃げちゃいますよ、普通のM男性なら。
ふざけんな~~って怒ってね^^;

>えいちゃんさん
「さん」付け変?リンク歓迎します、でも、えいちゃんさんのブログ、リンクのエリアがないですけど、どこに?
吐き出し結構、私もその口です。多分、大半の皆様もそうではないかと思います。
特に、SM系は^^;その中でも特にM男性は・・・(笑)
あっ、横スクロールでありました、いろんなエリアが・・・(汗)
失礼致しました。
2005/10/26(水) 22:03 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
いや~、ほんと厳しいですねぇ・・・っていうか、本当のSMってこうじゃなくっちゃいけませんよね。
私なんか、ほんとエゴマゾです。反省しました(何を?)
2005/10/27(木) 00:09 | URL | オス犬 #-[ 編集]
>オス犬さん
ややや、本当のSMっちゃSMですけど、ちょい違うんですよぉぉ@@;
情のないSMは厳しいだけでね^^;
私のSMスタイルはこうじゃありやせんからね~~~~(熱弁)
反省?嘘はいけません、嘘は(笑)
2005/10/27(木) 00:18 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
リンクは、右下の方にありますよ。さっきリンク貼らせて頂きました。改めて、finさんの幼少の頃の体験やDさんとの闘争(?)を読ませていただきました。ベランダで彼とのプレイの状況を聞かせてレポートさせる、とか入浴中に彼とのsexの詳細を語る、とかって僕でも結構萌えますね。そういう精神的に残酷な責めと言うのは、屈折したM男のDさんには堪えられない快感なのではないでしょうか?
2005/10/27(木) 01:49 | URL | えいちゃん #-[ 編集]
>えいちゃんさん
失礼しました。
右スクロールですよね、まったくトボケてますワタクシ。
ありがとうございます、こちらも完了です。
Dには、私のヒヨコの脳みそをフル回転して構想を練りましたんですよ。
後にも先にも、こんなに練った事はありません(苦笑)
私も若かったし、経験未熟だったので必死でした、Dの為にねェ^^;;
そちらの小説はまたゆっくり読ませていただきます。なんせ読むのに時間かかるのです、途中でいろいろ考えちゃうんですよ、だから遅い^^;
2005/10/27(木) 02:13 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
fin様、これは、一本も二本も、fin様が勝ちって感じです。こうなると、Dさん、普通ポク、映ってしまいます。fin様としては、きついかもしれません、このDさんを私のM男として、調教していくって目的が皆無ですからねぇ。
2005/10/27(木) 04:42 | URL | M入門中 #-[ 編集]
finちゃん^^


(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-...って
読んじゃった^^

.....で...ね....
こいつ~~~~~(ーー;)って思ったんだけど..

rinoは、 D男君....あかん(>_<)ヽ

やっぱり、S女のfinちゃんは、
やっぱ!すごい!!!

感心感心♪のrinoでしたぁ~(*^^)v
2005/10/27(木) 11:49 | URL | rino #Yn5yubKE[ 編集]
>M入門中さん
そうですよねぇ、普通のM男性みたい^^
逃げないトコロがちっとばかし変質的かも。「M男です、ヨロシク^^」って応募してきた人は、早足無連絡フェイドアウト逃げしちゃうはず(笑)
でも、Dはプレイに至るまでが長かったから、逃げなかったのかもしれないです。
そうなのです、愛すべき私のMちゃんじゃないんですよ~、わかってくれて嬉しいっ(^^)

>rinoちゃん
ついに見たかー、finの底意地の悪さを(^^;)
でもね、カッコいい会話になっていますがね、実際は方言丸出しの会話なんすよ(笑)
スッキリまとめて書いてますがね、実際はもっとブサイクなやり取りがあるんすよ(焦)
素敵なS女性みたいな責めですがね、へっぽこなコト言って窮地に立たされ、八つ当たり的に虐めたりもあるんすよ(恥)
まぁ、また書きます。
ふぅ~~、ワタシもrinoちゃんみたいにノロケの記事を書いたろかしらん、いつかね(^^)
2005/10/27(木) 21:25 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。