FC2ブログ

嫌悪感のあるM男 5

ここでは、「嫌悪感のあるM男 5」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「妄想ではなく理想です」
変質的な趣向を実現したいDは言った。
再三の電話、仕事での打ち合せや付き合い、Dとは縁は切れないだろう。
取りあえず、今やっている仕事が完了したらDと顔を合わす機会はほぼなくなる。
後少しで仕事は終了、断るのはそれからにしよう。
Dの変質性を知りたい気持ちはあるが、嫌いだ。


「用事があるから今日は帰る」
「そうですか、よろしくお願い致します」
「まだどうするか決めてないから」
「はい、わかっております」

駅近くの寂れた喫茶店での、1回目の面接は終わった。

仕事で顔をあわす時は会釈、話すような席になれば仕事関連の内容などを適当に話した。
その頃私は、夜は出来る限りの範囲だが友人が経営するバーを手伝っており、留守の日が多かったが電話は毎日あり、留守電にはいつもご機嫌を伺う類のメッセージが録音されていた。
仕事が終了するまで2ヵ月、はっきりしないままやり過ごした。
最後の打ち上げの席でDは
「もう1度お会いしてお話をしたいのですがお願いできませんでしょうか」
と言った。
私は断った。

その後も、電話は毎日続いた。
当時私は昼夜兼業で働き、飲んだ暮れていた生活をしており彼氏もいた。
いつも睡眠不足。
その上、この仕事を続ける限りDとはこれからも顔をあわせないという保証はない。
ストレスは溜まり我慢の限界に達していて、Dの存在が心から疎ましくなっていた。
顔をあわせた時のあの卑屈な目付き、おどおど探るように喋るのにしつこくしっかり主張をし諦めない根性。
冷たい態度をとればとるほど 「Dは喜んでいるのかも」 と考え、わざと好意的な態度をとるように心掛けてみたり。
私は完全にDにやられた。

嫌い、大嫌い、気持ち悪い、目障り、腹が立つ、ムカつく、どっか行って、見ないで、電話しないで、声も聞きたくない、息が臭い、殴りたい、へこむような事を言ってやりたい、泣かせてやりたい
苦痛を味あわせてやりたい、私の前からいなくなって、死ねばいいのに。

ある日私は上司から呼ばれた。
「○○社のDくんが、君と話したいそうなんだがね」
「前にもあったんですよ、もうそれで断ったんですけど」
「あれは変わってるけど、仕事は出来る。○○社とは付き合いがあるから、頼まれて嫌とは言えないからねー、まぁ私の顔を立てると思って1回だけでいいから」
「あの人嫌いなんです」
「わかるよ、1回でいいから頼む」
「・・・」
またか、あいつ裏から手を回してムカつく。
汚い奴、文句言ってやらないと気がすまない。
ギロチンチョークしてやりたい。
なぜギロチンチョークか?
これ笑えると思われますが、ほんとに思った。

私はDと会った。
嫌悪感を通り越した私の態度でやりとりは続き、とにかく仕事関係からの手回しはやめろと断言した。
怒りでテンションがあがっていた私は、1通り文句を言うと落ち着いた。
ふと見ると、Dがおかしい。
1回目の面接の時と同じだ。
私はまさか、また?と股間に目をやった。
季節は初秋だったが日中はまだ暑い。
Dはスーツの上着を脱いで私と話していた。
ズボンに十円玉くらいのシミが出来ていた。

「あんた濡らしてんの?」
「すみません、申し訳ございません」
「我慢汁?」
「いえ、申し訳ございません」
「こっそり扱いていたのっ?」
「扱くほどでは・・・そんなに怒るほど私を気にかけてくれていたのかと思うと感情が昂ぶりまして。少し触る程度です、申し訳ないと思っております」
「ほんと、変わってるのね、馬鹿みたい(笑)」

平然と受け流していた私の心中は煮えくり返っていた。
私はぷっつん切れた。
貴様ぁ、覚悟しろよ、ただじゃすまないからな。
とことん追い詰めてやるから。
絶対後悔させてやる。
二度と私の前に姿を見せられないと思うようにしてやる。
これはケンカだ、勝負だ。
SMなんてどうでもいい。
こんな変態になめられては腹の虫がおさまらない。

私は売られたケンカを買わされてしまった。
今なら相手にしないで迷わず通り過ぎる事が出来るのに、血気盛んな若い私は腹わたが煮えくり返っていた。
ついに、Dと始まってしまった。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
 ふ~ム...ナカナカ。
( ↑ とりあえず何と言ってよいのかわからない)

 ハードな環境お察し致します。
やはり仕事がらみの人間関係も入ってくると、日常的にキツいものがあるでしょうね。いろいろな意味で。
 リアルでやるにしても、日々の生活とは切り離されているから救いだったりすると思うんです。
 妄想は非日常で、理想は日常モードなんでしょうね、D氏にとっては。

 ところで、ギロチンチョークってなんですか?責めの一種?プロレスワザか何かかな?

2005/10/14(金) 16:59 | URL | Homer #-[ 編集]
>Homerさん
コメントし辛いですよねぇ、擬似的なSM枠少しずれてますし。
気分が落ち着いてからはSMとして捉えてプレイしていきました。
残忍プラン練ったり。
だけどDにとっては、私に関係しているコトはSMでなく、日常だったかも。
普通に生活している顔は日常で、私に関しては理想の日常だったのかなぁ。

ギロチンチョークはですね、わかり易く言えばゴールデンタイムプロレス中継の時代に(鶴田とか猪木です)よく使われた、スリーパーフォールドみたいなモノです。
専門筋に言わせれば違うと叱られちゃいますが、そんな感じです。
2005/10/14(金) 19:56 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
うぉ・・・こいつは手ごわい、、、っていうか危ない!!
ストーカーですか?ひぇぇぇ・・・。ご苦労が偲ばれますです・・。
しかもこの期に及んで濡らしてるって。
ホントに強敵ですねえ。

こっぴどく叱られたい、ってのはありますけど、それはやっぱりプレイとして怒られたいんであって、マジ叱られすると興奮するどころか凹みますよねえ。。。普通(まあ、普通といってもMなんですけど)
ちょっと僕ではまだまだ手の届かない域に達しておられるようです。

>これはケンカだ、勝負だ。SMなんてどうでもいい。こんな変態になめられては腹の虫がおさまらない。

fin様、カッコイイっす!!

後、シリアスな場面で突然の「ギロチンチョーク」もインパクトありました(笑
2005/10/14(金) 22:27 | URL | エンタ #/B8kt1Mk[ 編集]
>エンタさん
そうでしょ、そうでしょ、こんな変態ちゃんいるんですよ、世間に隠れてる・・
普通といってもMなんですけど・・・
これ、わかります、私もよく使います。
自分じゃ普通でも、一般じゃそうじゃないんですけどね、つい普通と思っちゃうんですよね。
カッコ悪いんですよ、実際は^^;あっちにのせられた訳ですから、でもBGMは仁義なき戦いにして欲しいです。
当時はスリーパーフォールドと思ったんですが、ギロチンチョークと今風にしてみました(^^)
2005/10/14(金) 23:32 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
すっごく、陰湿そのものですねぇ、会社の関係筋に手をまわしてまでも、fin様に苛められたいのですねぇ。fin様は、相当なM?に見込まれたものです。これは、もう、確かに、受けてたたない訳には、いかないですね。それにしても、すごすぎ。お会いして、なじられている最中にも、弄ったりするなんて、やっぱり、計画的なんだと想います。少しは、Dさんをかわいそううって、想ってたんですが、何だか、すべて、Dさんの罠みたい。こうなると、断然、fin様の応援団!fin様!!がんばりましょう!!!
2005/10/15(土) 05:17 | URL | M入門中 #-[ 編集]
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
姐御化してる fin ちゃんだぁ~^^
逞しい!頼もしい~~~
キャッキャo('-'*)oo(*'-')oキャッキャ

それで、、、その喧嘩の行方が、、
気になりますね、、、
『D』さん。。やっちゃったね~~ww

ワクワク、、しながら 記事まってまぁ~す^^

2005/10/16(日) 02:37 | URL | rino #Yn5yubKE[ 編集]
>M入門中さん
あはは、我が事のように熱く語ってくれるので つい嬉しさの笑みが・・・
6話でやっと始まり。エンタさんじゃないけどいつ終るんだ?って感じです。
こっちが人前でこっそり弄れ、と指示するんなら楽しい遊びですがね、そうじゃないんだから変質性を感じます。
M入門中さん、筆が進みませんのですよ、でも頑張りまーす。

>rinoちゃん
スラッシャーウィップは部位によっては痛いと思うよ。やられてる感じが気持ちいい人もいるかも。でも脳が気持ちいいのだからそういう人じゃないとね。
姉御~?そんないいもんじゃないですよ~笑(^^;)
2005/10/16(日) 14:07 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。