FC2ブログ

嫌悪感のあるM男 4

ここでは、「嫌悪感のあるM男 4」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・・馬乗りになった愛しい人の冷ややかな表情を見ながら死んでいくのが理想です」
やーん、怖いと、どん引きした私ですが、そんな顔はM男には見せられない。
平気なふり。

少し補足説明。
ネットで知り合ったと最初に書いたが、本当は仕事関係の知り合い、顔見知り。
SMに関して書くのだからそこや年代は適当でいいかと思ったが、辻褄が合わなくなるので補足で書くことにした。


私の仕事はDと同じ職種だが、部門が違う。
同じチームで仕事をしても担当する箇所が違うので、打ち合わせに行くとすれ違いにDを見かける程度だった。
私はまだ駆け出しの時期で、その頃、駆け出しの私に合う仕事があり、任された。
その業界では「ション便○○」と言う。
○○まで言うと職種がバレるから 「仕事」 という言葉にしておく。

既におしっこを引っかけたり飲ませたりしていたのに、自分が 「ション便仕事」 を任されるとは・・・。
その 「ション便仕事」 関係の人から、Dと話をしてやってくれないか、と頼まれた。
断れない立場な私は、Dと1度普通に食事した。
メールなんて使用しない時代。
電話番号の交換を頼まれ教えたが、本当に連絡をしてくるとは思ってなかった。
どうにもならないですよ、のオーラを私は充分に出していたから。

でも、Dは私に電話をかけ続けるし、否応無しに仕事先でも会う。
最終段階に入ると合同ミーティングも度々あり、その後の飲みの席でも会う。
バブルの真っ盛り、ゴルフや飲み会、接待場面は多くあった。
そうこうしているうちに、Dは私にM男であるとカミングアウトした。
どうして私にカミングアウトしたのか、もう面倒で書けない。
取り合えず話は始まっているのだから、ここからにする。
涼しい顔をして私は言った。

「妄想って実際と違うからそんなコト言えるんじゃないの?」
「そうですが、私のは妄想じゃなく理想です」
「そうなりたいの?」
「はい、クラブでは無理です」
「クラブじゃなくても無理よ」
「はい、でもクラブよりはそうなれると考えています、駄目でしょうか?」

うーむ、この人はマジなのか?
こういうゲームプレイをしたいのか?
どうなんだぁ?
多分後者の類だろう。
確かに見てるだけ話してるだけで意地悪したくなる。
傷つく事をなんでも言ってもいいような気がしてくる。
泣かしてやりたくもなる。
無理難題を命令して嘲笑したくなる。

SMは擬似的な遊びだ。
こういうのもありか?
嫌いだから叩く、嫌だから罵声を浴びせるとかしたらどうなんだろう。
スッキリするのか?
ダメダメ、私は嫌だ。
楽しくないとツマラナイ。
仕事でもないのに、なんでわざわざ嫌いな人と会わなくちゃならないの?
生理的に受け付けられないし、断ろう。

「悪いけど、私そういう趣味ないの」
「すみません、でもさっき意地悪したくなるとおっしゃいました。いらいらするとも・・・」
「そうね、そんな感じはするけど」
「気持ち悪いという陰口をよく耳にしますから、fin様もそう思われて当然です」
「そう思われるのがいいんでしょ」

つい言い方がキツくなってしまう。
手強い、どうやって断ろう。
怒鳴って断ればこいつ、嬉しいかもしれない。
丁寧に断らないと。
私は変なプライドを感じた。

「思われるだけなんてどうでもいいのです。向こうが勝手にそう思うだけですから。そこから先がないと・・・」
「子供の頃や学生時代に虐めにあったでしょ」
「いえ、変わってるとは言われてましたが、虐められてはおりません」
「普通だった?」
「適当に無視されていたと思います」
「適当?」
「なんの関心も持たれませんでしたが、不都合は感じませんでした」
「子供の頃から思ってたでしょ、虐められたいって」
「はい」
「子供の虐めって無邪気で残酷だから、そうされれば良かったんじゃないの?」
「両親が辛い思いをしないようにと、虐めれないようにしていました」
「お坊ちゃんだった?」
「はい、可愛がられました」
「なんでそんなに屈折してるのか、私、わかんないんだけど」
「性格ですから、しょうがないと思うようにしています」
「性格って・・・、ふぅー(溜め息)あのねぇ、あんたは変だと私は思うけど」
「私もそう思います」
「そう思いますばっかり、のらりくらりでいらいらする、どうなのかわかってんでしょ、言ったら?」
「すみません」
「まったく・・・」

私は視線を外して下品にもグラスを片手で掴んで口のみし、薄くなったアイスコーヒーの残り少ない氷をガリガリ食べた。
かなり強敵だ。
仕方ない、このまま帰って後日断りの電話をしよう、仕事先で会うけどしょうがない。
いらいらする、嫌だ、でも、なんでこうなったのか知りたい。
ここで延々と話しても、多分なんの進展もないだろう。
のらくら答えてばっかり。

家庭で何かあったのかも。
兄弟関係か、親戚筋か?
私だって近所のおじさんと妖しかった、こいつもそうだったのかも。
どっちにしてもこうなったのは、何か理由があるはずだ。
クラブの女性はどう対処してるんだろう、これに似たような話はしているはず。
他の面接した女性はどうだったのか。
知りたい。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
うぅぅぅぅん、ますます、複雑怪奇なDさんですねぇ。やっぱり、こういうことって、幼児体験関係ありですかねぇ。いじめられたいけど、いじめられず、影でいわれ、言われていることをしっていて、そしらぬ顔で、すごすことを自然、体で覚え、でも、いじめられたい願望は、きえることなく、頭の中で、膨らんでいき........。ここは、人助けと思って、fin様、お相手を。
2005/10/12(水) 04:12 | URL | M入門中 #-[ 編集]
finちゃん^^

頭痛にスナップ痛、、大丈夫?
肩こりかもと心配するrinoなら、、
そっと、肩に暖かくしたタオルあてて
マッサージなどして差し上げたい、、、
スナップ痛もシップをとっかえひっかえ
看病しとう~ございます、、、
ってなるのですが、、、(笑)

ナース、、要らない?って(笑)
気の効いたM男君、、
ここには、沢山いらっしゃるでしょうね^^

finちゃんのご満悦報告楽しみにしなきゃ、、
しか~~~~し、、、
Dさんの前だと、きっとrinoもSだわ、、
うん!、間違いなく、、、、ww

続き、、楽しみにしてるね^^
でも、、、ちゃんと、寝て下さいませ(*^^)v
2005/10/12(水) 09:05 | URL | rino #Yn5yubKE[ 編集]
>D「気持ち悪いという陰口をよく耳にしますから、○○様もそう思われて当然です」

こういうことを言ってる時は既に、自分の妄想の世界に入ってますよね~。
僕もそうだから、よく分かります(笑
この辺の一連の会話でも、既にイキそうになってるかもしれません。

ただ、それを妄想とかゲームとして楽しんでるのでなくて、意外と本気っぽいところが気にかかります。
M入門中さんが書いてるように、子供の時期に人との接触が極端に少なかったり、欲求を抑えすぎたりして、妄想と現実がごっちゃになってるのかなあ、とも思います。
2005/10/12(水) 09:14 | URL | エンタ #/B8kt1Mk[ 編集]
>M入門中さん
なんじゃいな、どっちの味方やねん^^屈折M男の味方?やっぱあなたもMくんですねぇ(@@;)
お相手しますよ、がっつりね^^

>rinoちゃん
夜勤明けでぐったりのfinです、夜勤といってもナースとは限りませんぜ。コンビニ店員かも・・(^^)
DとはSMの話する面接までに何ヶ月も面識ありの状態だったんで、まぁーほんとストレス溜まりました。
本気で嫌いだったですね。
今からダークなfinが登場しますんで嫌わないでね^^

>エンタさん
ありゃ~イキそうと来ましたか、よく解りますねぇ、Dもそうだったです(・・)
Dは本気でございまいたよ、私が思う限りは。
まぁ、またまたよくおわかりで、家庭環境と申しますか、特に両親のお陰様であろうと思います、あの性質。
Dには昨日、許可とりましたんでね、存分に書かせてもらいますわ。
2005/10/13(木) 14:00 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。