FC2ブログ

縛り教室

ここでは、「縛り教室」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日 femdom の 司ちゃん と縛り教室を行いました。
生徒は私(^^)
司ちゃんとデート 1 司ちゃんとデート 2 の後半が書き終わらないうちに、次の予定になってしまった…
最近はブログが亀更新だから、こんなのばっかよ、面目ない(トホホ)

東京オフ会のお話、もう断念したわー。
書きあがっている続きもあるけど、日がたち過ぎちゃって(再トホホ)
縛り教室の模様もゆっくりと書きたいところだけど、巻いて巻いて書くわ(汗)


司ちゃんと待ち合わせして2人でご飯食べながら、2時間喋りっぱなし。
その後、司ちゃんの調教部屋へ。
和室だけど、鴨居があってね、んふ、吊りもOKよ(重量制限あるけど)
あ、私は吊りをしないので関係ない、けど、なぜかテンションが上がったりして。
SMクラブの営業が出来るわ、あの部屋。
いるだけでワクワクしたわん(^^)

な、なんと、三角木馬があったので、早速乗ってみた。
いやぁ、あれ、痛いっすよ、まんこが。
がっしり股で挟んでフォールドしていても無理、絶対に乗れない。
足を鍛えている人なら大丈夫かもしれんけど(荒馬を乗りこなすカウボーイとか?笑)、緩めたその後は馬から振り落とされるよりも悶絶するわね。
振り落とされてあっさり気を失うよりも、三角木馬のほうが辛いかも(ちがうかー)
上から吊られていてね、ちょい乗っかる程度ならまだいいけど(いや良くない)、そのままでは乗れん。
当たり前だわね、わはは、そのまま乗ろうとする私がマヌケだ、わはは。

その日は当日に、finちゃんMに逃げられる(笑)というハプニングがあってね(笑)
司ちゃんとその話をして「やーね」とガハガハ大笑いした。
ま、逃げても惜しくないの、去るもの追わずがあっさり出来る、前向きな私なので。
でも、便利が悪かったわぁ。
「何で今日?せめて明日にしてくれよぉ」って心で叫んだ(爆)
便利は悪かったけど、マネキンくんがあったのでコトは足りましたけど。

司ちゃんは奴隷さんがいたので、4人で開始(マネキンくん含む)
マネキンのほうがずっと可愛いわ、マジで。
動かないからさぁ、ちと不便だけども。

丸っきり出来ない、縛ったこともないっていう、ズブの素人じゃないから、司ちゃんがポイントを教えてくれるので、それを頭に脳にメモメモ。
質疑応答を交えて、楽しく遊びました(^^)

司ちゃんは、ほぼ独学だけど、ちゃんとしてるの、惚れ惚れよん。
教わったのはちょっとだけだって言ってた。
ちゃんとしてるって、言い方は悪いけど、いい意味でのちゃんとなの、誤解しないでね。
司ちゃんは私みたいにいい加減な性格じゃないし、探究心の筋が1本通っているというか…
なので、独学だけど、凄いわぁ。
ちゃんとって、ね、危険がないってコトなのよ、そういう意味合いで受け取って読んでちょ(^^)

独学である程度していたほうが教わるにもいいよなーって感じたの。
かじっておいて、それでポイントを教わると、縄にも触ったことありましぇん状態より、絶対にラク。
「あ、そうか」みたいな。

私も長年かけて、ぼっちぼちやっていたので、司ちゃんのお陰でちょいコツがインプットされた。
ここにこうやって指を入れてクイクイってすると均等に締まる、とか、ここから指で縄を迎えに行く、とか、そういう手の流れだけでもコトはスムーズに流れる。
「あ、そうか」って感じる。

手際が少々良くなりました。
が、亀甲の甲羅はまだブサイク(笑)

お勧めの本も教えてもらって、早速購入♪
私が持っていた本よりも全然良かったので、当分これが、私の先生だわん。
別に縄の処理は本の通りでなくても良い訳だし、この歳になって折角やる気になったんだもの。
自分が思っているところまではやるつもり。
縄の処理をまともにしてたら、時間食ってしゃーない。
縛れていれば、それで良し。

なーんか、くつろいでまったりしちゃって、縛り教室も早々に早仕舞いして、くだらん事をべちゃくちゃ喋って、そろそろって帰った。
奴隷さんにお土産を貰ったの、美味しかったわ、ありがとう♪

名残惜しいけど、訳あって縛り教室は1回で終了となってしまった。
なんで?
ん~~~、その内にわかるから(謎)
司ちゃんと私は仲良しよ、喧嘩別れじゃないわよー。

S女の絆は強いの、んふ(^^)

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
一度試しにM的な遊戯を体験しておくべきだと思うのです。
Sな人がMを知ると、経験するまででは考えられなかったドSな応用力となって、その体験がフィードバックされるんですよ。

M女からSなミストレスに転身されるパターンがよく見受けられますが、確かにその流れは至極真っ当だと思います。
逆に、サディスト男な面々もfinさんのブログ、読まれているかもしれないけど、同好の士に向けて披露するS男によるM女調教ショーは、S男側にマゾ体験が持ち備えられていないパターンが多くて、エンタメ性に欠けた、レパートリーの幅の狭い見世物しか披露できないってのが多いんです。

S男にとってはMな汚れ役は己の吹けば飛ぶようなショボいプライドが許してくれないのでしょうか?
そんなプライド、ポリシー、百害あって一利なしとはまさにこのこと。
2009/06/27(土) 21:33 | URL | ニークロ #opfQLWEc[ 編集]
>ニークロさん
もの凄く賛同なんだけども・・・
口は、あ、コメントか、災いの元ざんすよ。
メール出す、首を洗って待ってなさい。

2009/06/29(月) 13:46 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
縛り教室実現されたのですね^^
また新たなページが一つですね^^
しっかり楽しんで下さい

ちなみに単管で吊り場は簡単に出来ますです(爆)
2009/06/29(月) 21:00 | URL | さだやん #-[ 編集]
>さだやん
教室はためになったわー。
吊りは、今のところ興味ないの。
2009/06/29(月) 22:13 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
わかります。S男性に経験して欲しいって。
私は、S→M転組みです。
2009/06/30(火) 01:03 | URL | ムッシュ #-[ 編集]
>ムッシュさん
あらま、そうなんだ。
もしかして・・・首洗い発言の援護かしらん。
経験してみるのは凄く大切なことだと思うの。
実際私は縛り以外は経験済みなので、感触がわかるし。
セルフだけど(笑)
賛同でわかるのよ~(^^)
しかし、私って念力があるのかしら?
ムッシュさんにメールしようと思ってた矢先にコメントが(@@)
やっぱあるんだわ、メールします。
2009/06/30(火) 02:11 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
ご無沙汰してます。
縛り教室一度きりなのは残念ですが、finさんなら一度で充分なのでしょう、うらやますぃ~ん。
私の縛り練習は中途半端なままです(汗)
お薦めの本に興味津々です!
せめてタイトルを教えていただけたらと…m(__)m
2009/06/30(火) 17:22 | URL | kaokao #-[ 編集]
>kaokaoちゃん
なーんとなくのコツが掴めたんだけど、やっぱ処理とかそういう飾り的なコトは、しっかりやらないと無理っぽい。
本ね、お安い御用よ。
数日中にはメールしますわん(^^)
2009/07/01(水) 12:13 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。