FC2ブログ

Sの芽生え 20

ここでは、「Sの芽生え 20」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「今は綺麗だから、おちんこ舐めてもいいのに」
私はその時、なんでそんな事を言ったのか解らない。
「汚いと駄目だけど今は洗って綺麗だからいい」
「おじちゃんはソコを舐めたがっている」
それが頭にあって、この言葉が出たのだろうと思う。

今して欲しかったのじゃなく、綺麗だったらいいのだ、という事を教える意味合いで言ったのだと思う。
だが、その言葉におじちゃんは異常に反応した。
それを見て私はとても意地悪な気持ちになり、困るおじちゃんが楽しかった。


「しないなら早く服を着せて」
意地悪く言った。
「すみません」
服を着せながらおじちゃんは溜め息をついた。
ワンピースとパンツだけだから着替えはすぐ済む。
「私も洗ってきますから、そこで待ってて下さいね」 
おじちゃんはシャワー室に行った。

私は閉められたカーテンを開けておじちゃんを見た。
正確にはおじちゃんのアレと顔を交互に見ていた。
おじちゃんは視線に答えるように私のほうを向き、身体を洗った。
時々私の顔をちらっと見る。
私は笑った。
おじちゃんのアレは時々ピクピク動く。
それがおもしろくて笑った。
「おじちゃん、ピクピクするのやってみて」
リクエストに答えてピクピクをやってくれる。
「あははは、おもしろい」
「そうですか、良かったです」

手早く作業を済ませたおじちゃんは、脱衣場へ移動した。
視線に合わせて、身体を拭きながらでもこちらを向いていてくれる。
私は目の前にあるアレを触った。
どんな感じか触ってみたくなり、咄嗟に手が出た。
「あっ」
おじちゃんは驚いたようだったが動かずにいてくれた。
アレはとても硬く両手で握ってもビクともしなかった。
見たこともない亀頭は異様な雰囲気で、キノコの頭に口がついているみたいだと感じた。
何回か握り直しているとキノコの口から涙が出た。
私はその瞬間に手を離した。

「泣いてるの?」
「いいえ、気持ちがよくて出るのです」
「気持ちがいいと泣くの?」
「・・・はい」

気持ち良くて泣く訳はない。
本当は泣くほど痛いのかも、と思いながら私は外に出た。

あの時出たのは、カウパー氏腺液。
涙のようにポロっと流れたので驚いたが、今では見慣れた風景の一部。
垂れ流しを見てもへっちゃらだ。
子供の考えとは不思議で、あの時は上記のようにそう思った。

絶対痛いのだと私は思い込んでいた。
そのせいか、その後アレを見せてとか、触らせてとか希望しなかった。
興味深々ではあったが、希望しなかった。
その事について話は再三したが、おじちゃんは自分からアピールしてアレを私の前に出すことはしなかった。

おじちゃんのアレを見たのはこれが最初で最後である。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
あ、、ありがとうございます!
まあ、憐れなアレですけど、一生のお付き合いですから、可愛くもあります(笑

しかし
>何回か握り直しているとキノコの口から涙が出た。

これ、凄い好きです。この表現。
うまく言えないですけど、面白さと女性特有の優しさと好奇心と生理とエロとグロとファンタジー・・・が詰め込まれてる(←大げさ??)気がします。
『キノコの涙』と言うタイトルで、詩が書けそうです!
2005/10/06(木) 22:59 | URL | エンタ #/B8kt1Mk[ 編集]
一気にNo.20まで拝読いたしました。
まるで純文学の珠玉の小品のような読後感、感動してしまいましたぁ。
人間の出会い、繋がりって不思議ですね。
最近は爺になったせいか涙もろくなってしまいまして・・・クスン。
一番最初に出会われたマゾヒスト(?)がおじちゃんで本当によかったと思います。
2009/04/10(金) 16:10 | URL | 青犬 #jzH1MgWI[ 編集]
続きを書くのがしんどくなって途中でやめましたが、続きがあるの。
今、書いてためていますー。
繋がりって凄いんですよ(@@)
最近のおじちゃん更新もあるので、更に縁にびっくりされると思います、お楽しみに。
泣かないでちょー(笑)
2009/04/11(土) 12:12 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
「最近のコメント」欄から、このエントリーに気づき
さかのぼって探して20まで一気読みしました。

すごーくすごーく面白かった(・∀・)
これだけで小説になる題材だと思います~♪

子供相手の性行為は、通常見るのも聞くのもイヤなんですが
「嬢様」と「おじちゃん」の不思議な時間は、自然と受け入れてしまいました。
なんでだろ~
成人男性からの一方的な力関係じゃないからかな?

ともあれ、finさんちのブログ書庫には、まだまだ読みきれないほどのエントリーがあることも再認識したし
引っ張り出してコメつけてくださった青犬さんにもお礼をいいたいわ。
ありがと^-^


おじちゃんとのエピソード、続きがあるんですね?
楽しみに待ってまーす♪

2009/04/12(日) 00:24 | URL | 理恵 #mQop/nM.[ 編集]
>理恵さん
一般的にこれは性犯罪ですもんねぇ(^^;)
変態の皆さんでも大人が一方的だとあれ~って嫌なものですが、サクっと読めるのはこっちが望んでいて指図までしているからでしょうかしらん。
続きもありですが、進展もありで。
M男運が近年あまりなかったのだけど、最後の運が転がってきた気がします(^^)
2009/04/12(日) 21:26 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finishing.blog23.fc2.com/tb.php/38-6d0b9690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
しばらく寝かせてたんですけど、もういいかなと思いまして。fin様の言葉から思いついた詩です。えへへ。なんか照れますけど、UPしてしまいます。。まだ、「グロ」な部分と肝心の「小さい子の好奇心」の部分が入ってない・・・また、思いついたら更新するかもしれませ...
2005/10/24(月) | 追悼の言葉群(M男へ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。