FC2ブログ

Sの芽生え 17

ここでは、「Sの芽生え 17」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奉仕のスタイルはその日の気分で変わり、毎回順序良く行われた訳ではない。
正座のおじちゃんを前に、話ばかりしていた日もある。
急かせれる事はなかった。

下腹部への再三のアピールはあったが、私は興味がなかったので許さなかった。
「そこは駄目」 「駄目駄目」 「駄目って言ってるのにしつこい」 「駄目だったらっ!」 「馬鹿っ、駄目」 怒るのだが 「すみません」 を繰り返す。
それでもおじちゃんは諦めずにアピール行動を止めなかった。


「今度したらもうやめる」
「すみません、私が悪いのです。悪かったら怒られて当然ですから、どうぞ叩いて下さい」
返答に困った。
小さな頭で一生懸命考える。
行為は気に入っているのでやめたくないが、して欲しくない所をしつこくアピールされるのは不快だ。
やめると言ったが、やめたくない。
でもそう言わないとアピールは続く。

叩こうなんて事は思った事はない。
そこまで怒っている訳ではない。
お母さんがいけないって言う事でも、私はしたいからやめられず何度も叱られる。
それと一緒だろうか?
お母さんは時々 「いい加減にしなさい」 と凄く怒って叩く事があるけど、やっぱり見たいテレビは最後まで見たい。
怒られると解っていながらもしてしまう。
それと同じ?くるくると頭の中で思いが巡る。

「何度言っても解らないなら、叩かれても仕方ないよね」
私は自分の母親と同じ台詞を言った。
いつもは私が言われている言葉だ。
「はい、仕方ありません」
おじちゃんはキチンと正座して私を見た。
そうは言ったものの、本当に叩く気がなかった私は再度困った。
「今度したら叩くから」
曖昧に許した。
以後もそれに似た会話は繰返されたが、他の指示を出したりするなどして叩く事はしなかった。
そんな気はなかったし、私は思案中で答えはまだ出ていなかった。

叩くべきか、叩かざるべきか。
悪いのだから叱って当然だが、叱って欲しいとあっちが言うのはおかしい。
私は母親に叱られたいと思った事はないし、叩かれたいと思った事もない。
でも、叩かれるのはこっちが悪いのだから仕方ない、とは思っている。
おじちゃんもそう言っている。
やっぱり叱るべきなのか?
子供が大人に叱ってもいいのか?
叩いて叱る程に私は怒っているのか?

答えは出ないまま、夏は終った。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。