FC2ブログ

ハンディあるSM 2

ここでは、「ハンディあるSM 2」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私…
理由が先天性だからというのではありません。
メールのやり取りをして気づきませんか?
私のメールのほうがあなたのメールよりも随分と丁寧なコトに。
あなたがM男とはとても思えません。

それと、SMプレイには雰囲気というものが存在します。
相手が聞こえないとなるとこれが難しく、プレイを進める私も手探りになります。
どのようにプレイが展開するのか想像がつかない、それが本音です。

だけど、聞こえないとわかっていればその心構えで行えばいいのだからそれについて問題はありません。
聞こえないのはそれほど問題ではありません。
SMは行為だけを行うのではなく、それ以外のほうが多くを占めています。

今のあなたの要求に応じてプレイすると、私のほうはただ黙々と行為をこなすだけになってしまいます。
受け身のあなたは楽しいかもしれません。
でも、私はどうか、それを考えるとプレイするわけにはいかないです。
私は行為そのものよりも、それ以外のほうに重点があるのです。

あなたはインターネットや雑誌、小説などから情報は得ているはず。
だからくどくどと説明はしませんが、まずはSMにおけるフェミニストにならないと。
あなたとやり取りをしていると 「そっちはやるのが好きなんだろ?こっちはやられるのが好きなんだ。利害が一致しているからやってくれ」 そういう訴えが見えます。
それが見えるので、はっきりいってあなたとはプレイ出来ません。

誰からも返事がもらえないのは、聞こえないからではなく、あなたのSMに対する考えのせいだと思われます。
このお話はなかったことにして下さい。

彼…
わかりました。
僕のような障害がある人と経験がないからそれが理由で断るのですね?
やはり障害があると難しいのしょうか?
僕は絶対に大丈夫だという自信があったのですが、fin様の説明を読むと悔しいけどどうにもならない、克服できない壁があるような気がしてきました。
もう少し勉強します。
でも、諦めずに頑張って応募は続けます。
ありがとうございました。

私…
いつか受け入れてくれる人が現れると思います。
ただ、今のように行為のみに固執した考えをもっていたら難しいと思います。
SMは、SM好きな人に頼めばしてくれる、そういった取引のような関係ではないのです。
ストレートに自分の感情ばかりをぶつけないで、もっと相手のことを思いやるようにすれば(メールでの受け答えの仕方とか)、いつかお相手が見つかると思います。

大体ですが、こんな流れでした。

そうねぇ、ここからどう書くか。
私がその時に考えたままを書くべきか悩むわ。
私の考えが正しいか正しくないかに発展してしまうと問題が収まらないです。
あくまでも、私だけの主観的見解に基づく意見なんですよねー。
障害のある人と深い関わりはもっていないけど、全然ないわけじゃない。
少しの関わりと実際に深く関わっている人が友人であり、そのことでよくディスカッションをしていた。
そんな環境にいた当時の私の意見なんです。

それについて論争はしたくないし、何かのきっかけで問題が大きくなってもいかんから、コメントは閉じよう。
そうね、思うところがあればメールを下さい。
もしかして、登場している本人が 「あ、これ、僕のことだ」 ってなる場合もあるんだしね。
世間は狭いざんしょー、彼だってまだMかもしれないので、同県人なら読んでいる確立は高いし。

ほんとこれ、その当時に思ったままを書きます。
って、今もほとんどその意見は変わってないんだけど。

先天性障害者って、グレーが少ないんです。 ← 私の勝手な思い込みです
うやむや、なんとなく、そうだけどま、いっか、どっちつかず、仕方ない…
いわゆる、グレーゾーンでブスブスとしていても妙に納得している私たちと比べると、そうではないとにかくはっきりした人が多いです。
それ+表情が豊かです、いい時も悪い時も。

私みたいに、怒っていても笑顔で対応してやり過ごし後で文句を言うとか、気に入らない人と会ってもその場は何となく円満にしてそれっきり会おうとしないとか、ずるい&正直でないと言いますか、そんなのがあまりない。
それが良しとされている世間の付き合い方、グレーが少ない彼らには通用しない場合が多いんです。
若ければ若いほど、通用しない。
大人の方は社会経験を積んでますから、表情あらわにされる方は少ないですが。

表情がどうのと言っても、最初からそうではなくて少し打ち解けると彼らはとても感情が豊かで、喜怒哀楽が激しい面を隠すことなく見せます。
直球過ぎて、平和お気楽主義で上辺の付き合いをしようものなら、痛い目にあいます。
殴られるわけじゃないですよ、自分のことなかれ具合に情けなくなって、我が心が不甲斐なくて追い込まれて痛むって意味です。
お天気や気候の話ですんなり挨拶をかわすように、安請け合い的な態度をすると、悲しい顔をされたり、逆に反撃にあうことも。

悲しい顔をされたらされたで追い込まれるし、反撃されたらどう返答していいものか困ってしまい逃げたくなります。
いかにいい加減に人と関わってその場しのぎで生きてきたか、それを思い知らされ、自分が情けなくなります。

これ以上書けば、薄ら恐ろしいコトになりかねないのでもうやめます。

とにかくです、応募をしてきた彼を受け入れる土台が当時の私にはなかったので、断るしかなかったんです。
SM行為以外の点で私が彼に書いた内容、彼が理解出来たかどうか、それはわからないです。
行為のみを見て興奮したのなら、視覚だけからの感覚ですよね。
耳が聞こえないからそこから始まるのは当然なんですけど、そこで止まっていたらSMは成り立ちません。
そこをわかってもらえるまで彼ととことん最後まで向き合えるかどうか、それの自信が持てなかった、これが断った理由です。

障害のある彼らは口を揃えてこう言います、彼もメールで言いました。
「自分たちは生まれてからずっとこうなので、それが当たり前であり何の不自由もないのです。だから気を使わないでもらいたい」
返事に書きはしませんでしたが、私から言わせてもらえばこうです。
「私は気は使いません。むしろ、あなたのほうが気を使うべきです。自分の障害のせいでS側は楽しめないかもしれない。だからそうならないようもっと努力をしよう、Mならそう気を使ってほしい」

私は障害があろうとなかろうと、SMには関係ないと思います。
相手を思いやる気持ちがあれば、障害があっても彼とプレイしたと思う。
だけど、それが彼にはなかった。
だから1から始めないといけない。
俗っぽく言えば調教ですね。
その器量が私にはなかった、だから断りました。

最初から共に進むには、その時の私ではエネルギー不足だったですね。
受け入れたら気に入らないからといって、投げ出すことは出来ないんですよ。
そういうことをすると、自分が痛くて情けなくなるから。

少し私は大袈裟かもしれません。
障害のある子供たちと少しだけですが向き合った経験があるので、思い込み過ぎなのかもしれないです。
深く向き合っていればもっとクールな見解が出来ると思う、友人がそうだから。

後天性で比較的大人になってからの障害であり、礼儀正しい人だったら始めたかもしれません。
ですが、彼と同じようなメールだったら始まらないでしょうね。
あんなぶしつけなやり取りをする人だったらお断りです。
つい最近までは健常者として生き、今は障害があるけどそれだけなんですもの。
ただの俺様M男にすぎないですから。

あー、なんだか疲れたわ。
歯に何かがはさまったようにしか書けない、中途半端な私。
それって、自分の思ってるコトに自信が持てなくてよくわからないからです、びしっと書けないんです。
書かなきゃよかったかなぁ… ちょっと後悔。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。