FC2ブログ

年下のM男 24

ここでは、「年下のM男 24」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「勃起してんなら、それ出しなさいよ。搾りとるのが根本のテーマなんだから」
「ほら離れて。最後にオナニーして出して見せて」
「今度は自分だけでしなさい。私は見てるだけにする」
「そうねぇ、寝転がってオナニーするのを上から見下ろすってのがいいね」
ぽんぽんと理屈を言って、しがみついている僕を引き剥がした。

オナニーをしろと急かされて僕はやっと離れた。
ほら早くと先に風呂場から出させ、バスタオルを巻いた姿で後から出た。
出ると同時にもっと急かせた。

「ベッドに寝てセーラーちゃんでオナって。ローションはそこ。早くしなさい、萎むわよ」
足蹴にして物品を持たせ、ベッドに寝ころばせた。
そして、膝上あたりに跨って仁王立ちして見下ろした。

「自分で気持ちいいように動かしていいから」
オナホールにちんこは躊躇無くすぐに挿入された。
本人が我がちんこでやると、こうもスムースに出来るもんだなぁと感心する。
道具を使うオナニーは、やはり自分でするのが1番いい、そう思う。

「私にされているんだと思いながらして」
「感じたら声ださないとね、おもしろくない」
「悶えるの好きでしょ、僕ちゃんは」
「自分でして悶えてるってさぁ、見てるとおかしくてね、凄く楽しいのよ」
「あぁん、だけじゃつまんないから ソコが気持ちいいですー とか そこで早く動かして下さい とか もっともっと ソコがイイですー やめないで下さい 気持ちいいんですーって言ってみたら?」
「自分で自分にお願いしながらやんなさいよー」
「僕ちゃんが今日悶えた言葉を全部使ってしてみて」

僕は私にいろいろ言われて、ソコソコはその通りにしていた。
目はしっかり閉じられていて、こっちを見る様子はない。
そりゃそうだ、目を閉じて想像でもしないと自作自演はなかなか出来ない。
見ろと命令されないのにこちらをしっかり見ながら自作自演が出来るような男は、相当にSMプレイ慣れしている百選欄間のツワモノであるか、ただの陶酔型自分本位の図々しい性格であるか、そのどちらかに系統していると思う。
全く見ないフリをするか、ちらちら恥かしげに見るか、こっちの目を盗んで見るか、それくらいの見具合が、こちらとしては可愛いと思える。

いろんなコトを要求していたら、あまり実行されてないのに、もうその言葉だけで盛り上がってしまい、僕はイキそうな顔になっていた。
「もっと押さえ気味に動かして調整するとか、それくらいはしたっていいのにねぇ。気が利かないわぁ、若い子は」
そう思いながら、こう釘を刺した。
「もうイキそうなんでしょ、まだよ。イク時は了解とんなさいよ」

「fin様、もうイキそうです」
言った途端にこう返答された。
「わかってる、でもまだ」
「でもイキそうです」
「あんたねぇ、これまでも全部それだったでしょ。fin様、駄目です駄目ですー、もうイキますーって」
「4回目なんだからまだもつでしょ。もっと悶えて私を笑わせてくれないと駄目」膝からヘソあたりの位置まで移動して、僕を真上から覗き込みながら駄目出しをした。

「目を開けてこっちを見て」
ちらっと開けるがすぐに硬く閉じる。
「そうなんだ、そういう態度ね、ふーん。見ないなら目隠しさせたほうがこっちとしては楽しめるのよね。見ないフリして盗み見されるのもなんだしねぇ、目隠しする?」
沈黙…
「もしかして、顔の上に立ったら覗こうって願望があるとか?」
沈黙…
私は洗面台から目隠しを取ってきて、上からぽいっと投げた。

「目隠ししたほうが、邪心なく没頭するから悶えるコトが出来るよね。それが見たいのよ、私は」
僕は自分で目隠しを装着した。
「いい子ねー。いい子だから顔の上に跨ってあげる」
真っ裸になった私は、再び盲目になった僕の顎あたりにまんこがくっつくようにしゃがみ込んだ。

精液が発射されるのを見たいのではないのだ、それは今どうでもいい。
没頭して悶える口の動き、表情、それを上からじっくり見たいのだ。
目隠しされて羞恥が消え去り、安心して存分に悶える男、滑稽この上ない笑えるその行為が見たい。

「イキそうになったら調整しなさいよ」
「擦ってすぐイクなんてもったいないでしょーよ」
途中何度かイッてもいいかと懇願されたが、絶対駄目だと言った。
「あのねぇ、イキそうですーって言っても私が擦ってんじゃないんだから。自分がしてんのよ。イクかどうか簡単に調節出来るんだから、無理ですってのは有り得ない」

そう言って釘を刺しつつだが、想像で演じろという私のリクエストに、僕は見事に応えてくれた。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
この記事へのコメント
またまたいっちゃうM男さん w
ほんと若いなあ
羨ましいです
そして最後まで意地悪なfin様素敵です!
2008/04/04(金) 05:42 | URL | 蜜 #-[ 編集]
>蜜さん
男性のちんこは衰えますからねぇ、皆羨ましいでしょうね。
女性は外見や体型の衰えですな、若い人が羨ましい。
一般的な意見ですけど。
2008/04/07(月) 13:59 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/11(金) 11:10 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。