FC2ブログ

年下のM男 11

ここでは、「年下のM男 11」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謹賀新年 今年もよろしくお願い致します(^^)

「まんこ舐めて」
唐突にそう言うと、こちらを見上げて 「はいっ?」 というような顔をした。
僕にはラクに座らせて休憩のつもりで会話をしていたのだが、前フリなしに突然そう言うと肩に力が入りビシっと硬くなったのを見て感じとれた。
何も言わないのに正座になり、次に何を言われるのか待っているようだった。
「私のオナニーが今日のメインテーマなんだから、気持ちよくなるような舐め方を覚えてしっかり舐めて気持ちよくさせて」
「はい」
よく喋るウザいくらいのお喋りな僕が短い返事をした。

私は 「舐めて」 と言われたのだから顔面騎乗でもしてくれるのではないか?と自分の希望が叶い楽しい時がやっとやって来たぜ、そんな感じに頭が行ってて忙しく、言葉が少なくなっているのだろうと思っていた。
しかし、後日談によると 「舐めて」 と言われた時は心躍る勢いの興奮度が一気に来てうかれたが、初めてのコトだし下手にしてまた怒られたらどうしようどうしたらと焦りに焦ったのそうだ。
「今度は舐めながら何をされるのだろうか?」 と期待と不安のその方面にほぼ全部思考が持って行かれてぐちゃぐちゃな頭になっていたらしい。
やはり他人が2人、絶対こう思っているはずと片一方が勝手に確信していても、実は全然違った思いをしているものだと、あらためて感じた。
いくらこちらの経験が少しばかり多くても、他人の心の中を読めたように感じる確信はあてにならない。

このエントリーを読んでくれている方々を裏切って申し訳ないが、顔面騎乗はしなかった。
顔騎とはその妖しいスタイルとは裏腹に、実に疲れる行為なのだ。
どっかりと座っているだけなら確かにラクだろうが、それだと椅子ではない生きている相手は凄く重いだろうし呼吸困難になる。
多少の呼吸困難はそうしてるから当たり前なのだが、本当に危険な困難にならないようにする為には、浮かしたりすかしたり、逆に座る側にある意味困難がおとずれる。
座るだけならまだしも、まんこを舐めさせようとすればするほど更にしんどくなる。
この行為だけは、どっちがSかわからないと常々思う。
そうは言っても、尻の下にひく楽しさと征服感の気持ちよさがしんどさを消す緩衝効果になってくれているのだが、今の私の体調ではそれを考えてもする気力がない。

ここまで予定よりも長引いたし、座っている私も深く座ったり浅く座ったりM字開脚をしたり、変な体勢で疲れた。
疲れたので場所を変えてラクをしようと、正座して硬くなっている僕をそのままにして移動し、ベッドに腰を掛け靴を脱いでごろんと寝転び、しばし背伸びをしてから再びM字開脚になった。
ベッドに寝る方向ではなく、横方向に。
「こっちに来て見なさい」
僕を呼んで移動させ、指でまんこを開きながら言った。
「クリがどこかさっき説明したからわかってるわよねぇ、1番気持ちいいところはどこ?」
「クリトリスです」
「気持ちいいところだからといってガツガツそこばかり舐めればいいってもんじゃないのよ。乳首の時に教えたでしょ、それと一緒で周りからソフトにじっくりゆっくりね。徐々にクリに近づくようになさい」
「はい」
「じゃ、しっかりやんなさい」

やれと言ったはいいが、これがまたじれったいことこの上ない。
好きにさせましょうと甘い様子を見せれば、いつになってもコトが始まらない。
舌先だけ伸ばしてつんつんとつつくようにしか舐めない。
恥ずかしいんでしょーよ、と大人の余裕をかまして待ってやればいいのだろうが、そこを我慢できなくてイライラするのがS女だ。
上体を起こして怒鳴った。

「ちょっと!毒味するようにつんつんしてんじゃない、舐めろと言ってんだから舐めなさい。やれと言ったらさっさとやるって何回も言ってんのにあんた馬鹿でしょ。いい大学通ってんのに学習能力ないじゃないの、勉強は出来るのにこっちの勉強は出来ないの!」
いちゃもんつけて頭を掴んで顔をまんこに押し付けた。
「わっ、ぶっ」
と言いながら僕はじたばたした。
急に頭を引き寄せられてバランスを崩してほんとに漫画のようにじたばたになった。
お陰様で、その様子がおかしくてイライラがぶっ飛んだ。

掴んだ頭を離してやり、体勢を整え終えた僕に言った。
「そんなに離れてちゃ舐められないでしょーよ。こっちに寄ってベッドにくっつきなさい、そう、こっち。顎を乗せて、顔はまんこにくっつけて」
ここまでいちいち指示してやらんといかんのかいなと少し飽きれはしたが 「舐めて」 と言われて 「待ってました」 と言わんばかりに喜びいさんで腰にがっつり手を回し、鼻息荒くべったりねっちょり遠慮なくベロベロ舐めてくるのよりはマシかと思ったりもした。

やっとまんこに近づいて舐める体勢になったかと僕を上から眺めたら、またおかしくて吹き出しそうになった。
下は立てひざでベッドに張り付き、上体前かがみで胸から上をベッドに乗せまんこを目の前にして顎を上げ、不自然に腕を後ろにやったその格好はまるでヒヨコだった。
「あんたその格好ヒヨコみたいよ、ピヨピヨって鳴いてごらん」
「ピヨピヨ」
恥ずかしくてためらったのか、少し間をおいて聞こえた小さい鳴き声は私のツボにはまった。
「あははは、あははは、ほんとに鳴いて馬鹿みたい。もう1回鳴いてみる?」
「ピヨピヨ」
泣きそうな顔で鳴いた。
「わははは、馬鹿やってないでそれくらいにしときなさい、あははは。それってどう見ても手がおかしいでしょ、ひじも上に乗せなさいな。あんたほんっとにアホの子みたいよ」
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
女王様を気持ち良くさせるのって本当に難しいんですよね
がんばれエム男さん!
2008/01/04(金) 05:37 | URL | 蜜 #-[ 編集]
「ぴよぴよ」・・って、かわいい~♪
相手の体に手を乗せられないと結構厳しいんですよね。
今年も、びしばしと厳しい展開を期待しています。
2008/01/04(金) 18:41 | URL | さやか #DS51.JUo[ 編集]
「ピヨピヨ」ww
実際にその場にいたら笑ってしまって次に続けないかも(笑)本気で緊張しているのでしょうねw熟れた果実も美味しいですが青いのをがりがりも美味しいのかもしれません^^
2008/01/05(土) 07:09 | URL | 朋 #-[ 編集]
>蜜さん
あけましておめでとうございます。
続きもお楽しみに(^^)

>さやかちゃん
おめでとうございます、今年もよろしくね(^^)。
現場の様子を読むだけじゃ、しんどさがあまり伝わらないからちょっと残念なんすよ。

>朋さん
あけましておめでとうございます。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
もっと普通に体勢をとればいいのに生真面目というか、なんというか、ほんとおかしかったです。
2008/01/07(月) 13:37 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。