FC2ブログ

デスワード 5

ここでは、「デスワード 5」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どちら様も、あけましておめでとうごじゃりまする。
今年もよろしくお願いいたします(^^)

では、エントリーする時期を大幅に間違った為、年を跨ってしまったお話、この続きからまいります。

結婚すると雑誌や電話は御法度になります。
商業店のお世話になるのにも経済的に無理が出る。
そこで彼は、飲酒が好きでもないのに仕事の付き合いという名目で妻に折り合いをつけては夜の街に出歩くようになりました。

気軽な料金で変態を受け入れてくれる居心地のいいトコロ、ひょんな縁の来店から花ちゃんのおかまバーに定着しました。
花ちゃんのおかまバーはママがちょっとした変態嗜好だったので、ビアンさんやゲイさん、フェチさんや変態さん、いろんな人がちょこちょこ集まっていました。
店は狭いし、会話するだけの健全なおかまバーだけど、そこで過ごすだけでストレスは発散できるし、このままでいーかも、なんて思っていたんだけど、徐々に事態は深刻になってくるのです。

結婚は、長男さんだったので同居だったんですね。
結婚を期に、段々と今まで世話焼きだった母親が手のひら返したように息子の世話をしなくなったんです。
それとは逆に、お嫁さんとは親友のように仲良しこよし。
母親はお嫁さんを凄く大切にしてくれて、ほんとの親子のようになってしまった。
買い物、外食、映画、一緒に手芸教室に通い、プチ旅行もしばしば。
帰りの遅い旦那はほったらかしで、2人で仲良く暮らし楽しみ、嫁、姑問題なんてどこ吹く風です。

世間一般では、これはとってもいい現象ですよねぇ。
亭主元気で留守がいい、嫁と姑仲が良い、文句なしです。
その頃、彼は出張の多い部署ですが栄転になりまして、ホントに留守が多かったんですよ。
家にいても疎外感ばりばりでかなりヘコんだんだけど、どうにも仕方ないので花ちゃんトコへ行ったり、テレクラで相手を見つけたりして気分を紛らわせていたんです。
だってねぇ、「ママ、もう僕のことはどうでもいいの?愛してないの?妻のほうが可愛いの?」なんて母親に言えんでしょ。
母親の自分への無関心、精神的にはかなりキツかったけど、見た目良い家族で問題なくそんな生活は続きます。

そうしていると、嫁の具合が急に悪くなって寝込むようになってしまったんです。
アレルギー体質でもないのに、突然、気管支喘息になり、発作が出れば安静に生活するしかない。
喘息って病気はやっかいで、元気な時は何でもないんですが、発作が起こればたちまち動きがとれなくなりますの。
発作の初期にすぐに対処すれば何の問題もないのですが、おかしいなと思ってもちょっと我慢したり安静にすれば良くなったりする時もあるので、病院に行く、それはとてもひどくなった時なんです。
私はアレルギー体質、軽度の喘息持ちなのでよくわかる。
今は携帯の吸入器がありますので、初期の「あれ?おかしいぞ」と感じる時にシュっと吸い込めば発作にはならず、簡単におさまるのですが、当時は携帯の吸入器はなかった時代。
我慢に我慢を重ねて安静にしていても治らない時、そんな事態になってからやっと病院に行って、大型のたいそうな医療器具で吸入をするんですよねー。
吸入すればケロリと楽になるけど、おかしいぞと思う度に再々病院に行くのもやっかい、治まる時もあるし。

もう母親は嫁に付きっ切りです。
発作は何時起こるかわからない。
母親は留守がちな息子の代わりに嫁に添い寝するようになったんですわ。
変な意味はないですよ、発作の対処の為に、可愛い嫁の為に、心配で仕方ない、そんな気持ちでとった行動だったんです。
これに彼はガツーンとやられましてねぇ。
具合が悪いのはわかってはいるが、突然夜遅く帰宅したら、母親と嫁が隣同士で、勿論、別々の寝床ですけど、夫婦の寝室で寝ているんです。
理由はわかるが、ショックだった。
その夜は静かに、リビングのソファで寝たそうです。
翌朝、2人からあらためて説明を受けてまぁ、わかっていますよと納得はしたものの、嫁に対し、どうしようもない程の嫉妬を感じたそうですのよ。

それから少しすると、嫁は母親の部屋で寝るようになり、夫婦の寝室は彼1人。
母親の献身的な態度に感謝はすれども、心の奥で嫁に対する嫉妬の炎はメラメラと燃える。
病身なので母親と仲良くし過ぎるなと、最もらしい理由をつけて責めることも出来ない。
母親に文句をいうなんて事は自分の中ではあり得ない。
そんな「ママっ子」の自分が嫌で、葛藤する。

そういう時期に私と出会った訳でございます。
だから「ママっ子」が「デスワード」になったんですの。
「どうしてデスワード?」実はこうだったんです。
長かったですねー、お疲れ様。

その後の付き合いと転勤後の彼の様子を書いて終わりにしますです。
「7」まで続くぜぃ・・・ いや「8」かも・・・ (^^;)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
この記事へのコメント
ふーむ、長いお話です(^^;
母親と息子の密着ぶりは我夫を見ていても我息子を見ていてもw呆れ果てるほどですが、こうなるとややこしいものですねー。姑と嫁が仲良しなんて世界的にはとっても平和で幸せなことなはずなのにw

今年もよろしくお願い致しまする^^
2007/01/03(水) 21:23 | URL | 朋 #-[ 編集]
あけましておめでとうございます。
正月休みで実家に帰ってる間に、かなりプログが進んでいたことにびっくりしています。

なかなか複雑な家庭事情みたいですが、わかるところもあれば、理解出来ない部分もあります。でも、看病するということはとても大変で、逆に自分の母親がもしもそんな状態になった場合、下の世話とか本当に出来るのか自信はありません。そういうふうに考えると、やはり女性はすごいなと思います。

今年も楽しみにしていますので、よろしくお願いいたします。
2007/01/03(水) 22:07 | URL | まさお #-[ 編集]
今年もよろしくお願い致します。

母親を取られて(?)嫁に嫉妬・・・という構図が、やっぱあるんですねぇ(^^; 
「ママっ子」が「デスワード」とは、言い得て妙だと思います(^^) 
それにしても、この家族・・・嫁と姑が仲がいいから良かったものの、そうでなければ、嫁さんはかなり辛い立場ですね。。。
2007/01/04(木) 00:49 | URL | シロ #JuNzg3q6[ 編集]
新年あれましておめでとうですっ。
今年も、よろしくですっ。
ほんと、外から、みれば、これは、申し分のない家族の姿なんだてすけどねぇ......難しいなぁ、「ママっ子」って。おかあさんが、とうより、お嫁さんも含めて、自分にかまってくれなーー一いっというなら、理解できますねぇ、少しだけっ。このあと、fin様に出会えて、この方にとっては、よかったですねぇ。バランスがやっと、保てた、そんな感じなのでしょうかっ。
2007/01/04(木) 04:38 | URL | M破門中 #-[ 編集]
家庭の事情、母と嫁の関係
結婚ってやはり相手の親も大事な要素ですね
うちも仲良いから安心ですよ(悪いよりかなり楽なはず)
マザコンから言わせると嫁も母親みたいに甘えてしまいますわたくしは…
女王様にも…同じくだなあ(;^_^A
2007/01/04(木) 09:50 | URL | 蜜 #-[ 編集]
  finさん(*^_^*)


 新年明けましておめでとうございますm(_ _)m

新年早々のご訪問ありがとうございました!
今年もfinさんのブログから楽しい素敵な発見できれば良いかと想ってます♪

今年も宜しくお願いしますm(_ _)m
2007/01/04(木) 11:10 | URL | 沙梨菜 #OZcwhYn6[ 編集]
finちゃんの書くデスワード
興味深く読ませてもらってます^^。

話が色んなところへ広がっていくから飽きないですぅ♪

色んな家庭があるね。
贅沢だと思う悩みでも本人にとったら究極な悩みだったりするから・・。

ちなみに息子も喘息持ってて
finちゃんの文章読んで 改めて知識を得る事ができました^^。

今年も
よろしくね~~♪
2007/01/04(木) 12:31 | URL | りり #EigpeUzg[ 編集]
すっかりご無沙汰しておりますが、改めまして「新年」のご挨拶まで・・・

うーん「おかまバー」ですか、ある意味「絶対のSM」ではないかと思うです。彼女(彼?)らが「何を見ている」のか?
と、言いつつ私も近い感覚かも??

では、お体 お大事になされませ
2007/01/05(金) 02:29 | URL | 亡研2000 #dZ2c3wmQ[ 編集]
>朋さん
こちらこそよろしくお願いします。
普通に家族愛で密着してるのなら何も問題ないし、むしろそのほうが人間社会においていいと思うんですよね。
でも、変質的な愛情になると近親相姦チックなヤツね、そうなると感情を抑えるのも苦、実行するのも苦、どう転んでも苦になるので、ややこしいです。
嫁と姑、こっちもややこしいんですよ、今からややこしくなるんです(^^;)

>まさおさん
あけましておめでとう。
親の下の世話、女性が凄いとかじゃなく、男性にやる気がないだけですよ(^^)
今年もよろしく。

>シロさん
嫁もねぇ、辛いんですよ、実は。
仲がよいのも辛いってもんなんです。
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。

>Mさん
新年、おめでとうございます
そうよね、両方がかまってくれたらサイコーじゃないすか?(笑)
私でストレスが少し発散出来てよかったんじゃないかと思います。
こっちも楽しかったしー(^^)
彼も過去を振り返ってそういってました。
今ではいい知合いなんですよ。
今年も、よろしくね。

>蜜さん
おめでとうございます。
仲良いから安心、こう思うくらいが普通でいいです。
相手に固執しないで、女性に甘えるのが好きっていうマザコンなら楽しくマザコン出来て一番いいですよ。
健全で誰にも迷惑かけないで平和だしね。

>沙梨菜さん
こちらこそよろしく。

>りりちゃん
おめでとうー。
そうなのよ、最近は簡単に喘息も初期でどうにかなるけど、昔は軽い喘息持ちでもいちいち病院に行かなくては吸入できなかったから、大変だったんですよ。
我慢して我慢して、ヤバイ、行かねば。。。って思った時にはもう身体が動けない状態だったりね。
今は携帯のヤツがあって楽勝です。

>亡研2000さん
体調はもうすっかりよくなりました(^^)
おかまバーの世界に近いんですか?
それはまた興味深いですなー。
2007/01/05(金) 12:37 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
元重症喘息患者としてはお嫁さんの辛さがわかります。
で、それを心配するお姑さんの気持ちも。うちの母も添い寝してくれましたから。

さて、本当にフェチ・変態にとっては結婚は両立してしまうもの、そしてそれこそが枷なんですよねー。
どう転がるか、とても楽しみにしています。
2007/01/05(金) 21:32 | URL | 月華 #ALNPex4.[ 編集]
あけましておめでとうございます。
うーん、難しい方へ難しい方へと…。
連載がここまで長引くのがわかるような気がします。
いっそのこと小説にしてしまいたいくらいですねえ。
2007/01/07(日) 09:09 | URL | むんぱ #-[ 編集]
や~続き待ってます~
2007/01/07(日) 11:35 | URL | 如月 #UfqEaoFQ[ 編集]
愛読してます。

2007/01/07(日) 14:04 | URL | いまり。 #JhWEKA0Y[ 編集]
v(*'-^*)bぶいっ♪
2007/01/08(月) 00:48 | URL | ビビ #nmxoCd6A[ 編集]
>月華さん
おめでとうございます(^^)
重症喘息は辛いはず、私は軽度でも辛かったです(^^;)
そこそこハッピーエンドですが、深層心理は深くて当時私は興味深々でした。
今ならもっと違う対処をしてたかもしれないけど、逆にそんな面倒クサイ人はゴメンと相手にしないかもしれないです。

>むんばさん
おめでとうございます(^^)
心理ってヤツは本当のとこをわかるまでその人と付き合えるかどうかもあるし、難しいです。
こっちが勝手にそうだと思っても本当かどうかも判断できないし、本人もわかんないんだから謎ですな。
文才があったら小説のネタになるんですけどねぇ、そっちはさっぱり駄目ですわ(笑)

>如月さん
まってー、もうちょい(笑)

>いまりさん
ありがとう。
ミクシィ、最近活動してないんですよ(^^;)

>ビビさん
あけましておめでとう(^^)
何が ぶいっ?(笑)
もしかして彼の心理がわかるとか・・・
まさかビビさん、超マザコン?むふふ
2007/01/08(月) 22:50 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。