FC2ブログ

残虐妄想7

ここでは、「残虐妄想7」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大切に育てた若きSM紳士淑女の子供たち。
大切に育てたのだから親子8人でしっぽりお遊びにふけるのかと思いきや、ここで舞台はころりと変わります。

妄想の原点が 「こうしたらどうなるの?」 であるので、自分がSMに興じるのが話の筋ではないのです。
あくまでも人間ウォッチング的、実験がテーマ。
建物の外観にまでも凝りに凝った妄想をした舞台はあっさりと捨てて、次の舞台は私の両親が運営する高級秘密SMクラブ組織になります。
登場人物全て皆、仲良くお引越しです。


お引越し先は、我が家の敷地にある一軒家。
私の頭の中、お話の筋書きには、子供たちは逃げない、逃げてどうこうするという考えを持たない性質になっている設定ですので、無人島の施設のようにセキュリティー面はあまり考慮してません。
街にも出れます、自由です。

今後展開するのは、敷地内には簡単に出入り出来ない、例えていうなら、ラスベガスの富豪の街のようなイメージ。
街は変態嗜好の金持ちが持つ別荘の集落、コミュニティーみたいになっており、出入口は1つ。
ここに出入りするには警備の人たちによる厳重なチェックが必要。
ここに登録してない人、ゲストですね、それは登録住人者の許可がないと入れない体勢になってます。
子供たちは、街には自由に出れますけど、街の外には出れないのです。

まずは一軒家で環境の変化に慣れさせるべく、街に繰り出したりとしてみたりします。
一軒家では、親と同居します。
ですが、今までみたいに個別管理はしないので、皆で食事したり会話したりSMしたりセックスしたり。
SMといってもこのお話ではSMは普通の事柄なので、SMしてみたり、なんて表現は書いててちょっとしっくりこないのです。
だって、全部SMなんだもの、生活が。
普通なんてないんですものねー。
普通を知ってるのは子供たち以外だけだし。
子供たちにとってはSMスタイルが普通なので、というか、それしか生きる術を知らないというか・・・。
しばし一軒家で子供たちのコミュニケーションを見つつ楽しみながら、次への段階へ進むべく準備します。

お次は街の真ん中にあるSM館で、初めて他人と接触をさせるのです。
モニター完備ばっちりのSM館で他人と絡む子供たちを観察し、家に帰って質疑応答をさりげなく行ない子供たちの不安を取り除く。
SM館はSMクラブとは違います。セックスもレイプも勿論当然のようにありますし、これは駄目とか時間がどうとか、ここまではいいとか、そんな細かい規定はほぼありません。
互いにNOでなければいいのです。
基本的にMはNOを言いません。
Sはぎりぎりまで楽しめます。

うっかり殺してしまわないように、他人のプレイ現場はモニターやマジックミラーで自由に見れるようになってます。
危ない時は管理者が踏み込みます。
しかし 「今回はこの子殺しますから止めないでね」 と殺すほうと殺される側が一緒に出向き、事前に管理者に報告をしていれば、それはそれでありなので殺戮現場は誰も止めませんの。
公開処刑に早変わりします。

うちの子たちは、序盤は団体戦ではなく個人戦から。
子供たちに接触させる人物は、親たちが相談して決めるのですが、SにはMを、MにはSをと順当な組み合わせに行ないます。
そして、徐々に団体戦に。そうしている内に、街の住人たちにも顔と嗜好が知れ渡る。
街全体はSMコミュニティーですので、自由に出歩いても普通の生活はないのです。
首輪に繋がれたM男が堂々と鞭を持ったS女に連れられてお散歩しているような街なのですから。

成人者は個人の判断で遊びますが、未成年者は保護者がある程度関与してますので、未成年バッチを付けている者にはむやみに手出し出来ない規定があります。
未成年者はうちの子供たちだけではありません。
私の子供時代のように、登録住人者の裕福な子供たちもいます。
それとは別に、境遇は違えど、同じように連れてこられる子供たちもたくさんいます。
普通を知ってる子供たちもいるのです。
逃げたいと思ってる子供もいます。
逃げたいと思って隙を伺っている子供たちは、当然、保護者の管理は厳しいです。
でも、ちの子をそそのかして一緒に逃げるなんて想定したことないです。
可哀相ですが、映画のように弱者がしてやったりのエンディングは絶対にないんです。
弱者は弱者のまま、惨めに終わるのです。

そうして成人まで、SMコミュニティーで暮らします。
成人したら自由? いいえ、成人してもうちの子たちのように管理されてる境遇の者たちは、管理されてますバッチをつけてもらいます。
ナチス時代のユダのように。

個人の判断で遊べるのは、純粋な登録住人者か、その人たちのゲストだけ。
あとは自由に振る舞えませんのです。
なので、管理されてますバッチを付けている成人者は殺されてもいいような人たちな訳でしてやはりM役、奴隷ですよね。
となると、うちのS2人は、管理されてますバッチを付けてはいますが、特別な存在になるのです。
管理はされているが、生っ粋のSなのです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
脱出完了!
ただしぃ~~~ですね^^
面白い展開ww
老眼になりつつある眼を
しっかり見開けて見てました

生粋のS!
どS中のどS様の怪しく笑う顔が
浮かんできましたぁ~~
2006/06/20(火) 00:01 | URL | rino #Yn5yubKE[ 編集]
いいなあ、高級秘密SMクラブって、もう、その文言だけで、妄想がふくらんできます。しかも、それが、SM館ですよっ、SM館っ。これから、いったいどんなことが展開されるのだろうっ?
2006/06/20(火) 02:49 | URL | M破門中 #-[ 編集]
>rinoちゃん
うん、焦点合わなくなりつつありますよね、歳を感じて淋しい(^^;)
あと2回くらいで終りますからねー(笑

>Mさん
自分でも、あり得ねー、なんて言いながら書いてます。
もうちょっとお付合いを(^^)
2006/06/20(火) 18:43 | URL | fin #/3BrGLY6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。