FC2ブログ
SMに関してのアダルトな内容です 20歳未満 SMや女性上位に不快感をお持ちの方は ご遠慮願います
♪ fin甚句 ♪


--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
S女と看板あげてブログをしてるので、M男性から 「プレイをしたい」 と応募メールがぼちぼちと舞い込んできます。
でも私は 「はい、いいですよ」 と見ず知らずの男性にすぐに会いに出掛けるセキュリティの甘い無鉄砲な阿呆ではないのです。

メールで危ないか、危なくないか、それを判断するのはとても難しいですよね。
いくらやり取りしても完全に安全とは判断出来ないのですが、それを言っていたらSM遊びは、ままならない。
ここは自分で判断するしかないので、自分なりに考えてやってはいます。

[応募要項]の続きを読む
スポンサーサイト
[PR]

陰部にもぐり毛、これが沢山出来る体質の人は抜くことが出来ませんわ。
いくら従順なM女さんだってね、パイパン好きの御主人様の言い付けに逆らってでも無理ではないかと思う次第です。
それ以前に、陰部の毛を、それも内側の毛を抜くなんてですね、私にとってはアンビリバボーな話です。
抜いているM女さんは凄過ぎです。
無理な体勢で、体、痛くなるだろーしなぁ。

あぁ、想像しただけでも涙モノです。
痛いでしょうねぇ、辛いでしょうねぇ。
次から次に生えてくるし、どうなんでしょうか?

そもそも、下の毛事情を書こうかなぁ、なんて思った発端はブログの中にあるのです。

私がよくお邪魔するブログ、kaokaoちゃんのとこ は、うちみたいに続けてそれをだらだらと書いてしまう内容でなく、日々思う事柄が展開していくブログなので、クリックしても下の毛話にすぐ御対面出来るかといったらそうでないの。

飛び飛びに下の毛話が書いてあるから、読みたければ探して読んでみて下さいな。
結構前なので、なかなかたどりつけないか。
でも、かなりおもしろいのよ。
最近は個人所有のレーザーまで活躍中。
ちなみにSM愛好者ではないので、変態性はないです。
セックスネタは多いけど、エロさはナッシング(笑

なんだか、こんなくだらん事ばかり書いていていいのだろうか、なんて思えてならないのですが、えっーと、不都合な話の続きです。
不都合というよりもカッコ悪いなぁ、と感じると説明したほうが正解。
それはですね、剃る格好とそれを見られる危険性です。

剃る格好はとんでなくブサイクです。
M男性などは、お尻まわりだけお手入れして剃る人も沢山いるはず。
やっぱ剃る時はうんこ座り、失礼、ヤンキー座りですよねー。

その他の不都合、それは風呂屋。

前側はですね、普通にあるのですから、ま、前から見たら特変はないのです。
けれども、股を開くとバレるのですよ、当たり前ですけど。
ですから、毛がない時は、とっても慎重に行動します。
サウナは必ず1番下の段に座る。
段を上がってたら開脚しますのでね、見えるのです。

タオルを巻いていればわからないと思うでしょ、でもですね、寝転んでいる方も沢山いるのですよ。
一瞬チラリと見られることを想定して、下の段に座るのです。
サウナを出たら冷水風呂、これも危険です。

梨花ちゃん が 「バトンは嫌いだけどこれはやってみた」 そう先日日記に書かれていたので、フムフム、これなら私もやってみてもいいなー、と思った。
バトンされてないけど、バトンに初トライ。

ルール
経験したことあるものには○、無いものには×をつける。

そうこうしていると、剃るのに全く抵抗なくなってきました。
2ヵ月に1回の割合で剃っちゃいますし、気が向けば続けてお手入れしてつるつるキープの時もあります。

全剃りじゃないですよ、前面は当然残してます。
風呂屋で困りますから。
段々と、剃っててもびっくりして後で聞いてくるM男性も少なくなってきました。
時代の流れでしょうかねぇ。
Tバック系の下着でも驚き度は低い時代です。

剃ることに抵抗がないと言っても、いっつもかっつも剃っている訳ではございません。
よく剃るようになったのはここ10年くらい。
それまでは、気が向いたら剃る、ってな具合で、剃ってました。
付き合うのも全部M男性だったので、見られても恥ずかしくないですし。

そうは言っても、最初の頃は 「剃ってるから」 見える前に言ったりしてました。
驚かれてもなんですしねぇ。

剃ると評判宜しいです。
「今日は剃ってらっしゃらなかったのですね」
なんて残念そうに言われたこと、数しれず。

先日 搾りとりたい1  と 搾りとりたい2 で、最近、若い子から精液を搾り取りたい願望があるんだとねーと好色マダムのような記事を書いた。
実際そういう願望はありあり。

「僕でどうでしょうか?是非お願いします。経験は少しあります。」
さて、どこに住んでるの?
あんたのこと知らないのにどうもクソもないだろーよ。
私にどうしろといいたいの?

その頃調度、私が働いていた飲み屋の常連客の会社に、企業コンサルタントとして来ておりましたアメリカ人男性(白人、金髪、29歳)が、その客と一緒に店に来ましたのです。
私、客、外人、共通点は趣味。

SMではございませんよ、スポーツ系の趣味です。
その趣味繋がりで客も私の店に連れて来た訳なんですが、ちょいレアな趣味なのでそれであっという間に仲良くなりました。
今思えば凄く好かれておりましたから、Hくらいしておけば良かったと考えるのですけどね、残念ながらしておりません。

剃るだの剃らないだのとなれば、対象は当然M人。
テイモウ管理とか?うんにゃ、違います、私のお話。

若い頃のことですが、スポーツクラブに通ってました。
西城秀樹が歌っていたカバー曲の題名と同じなスポーツクラブ名。
ハイレグレオタードでエアロビの時代です。
そこにアメリカやらオーストラリアやら韓国、台湾、いろんな留学生が結構いましたのです。
当事、留学生は格安な会費だったから。(今はどうだか知らないけど)

生きている人間をどうこうしたいという願望はないのですが、解剖がしたいんです。
それならそのような職業になれば良かったのでは?と思われるでしょうが、それに気付くのが遅かった。
遅すぎてやり直しがきかないですわ、こればっかりは。

まず医者の免許が要ります。
それには学校も行かねばならんし、暇とお金がたんまりかかります。
20代前半なら出足遅れですが、しかも頭も悪いがですけど努力でなんとか頑張るところですけどねぇ。

叶わない願望って妄想じゃん、まだ引っ張るのかー?
いえいえ、もうSM関係は終了です。
付け足しの違う妄想です。

私はホラー映画とかそんなの、全然平気。
血がどばーってのも、ゾンビ系も、殺人首チョンパ系も。
だって作りモノだもの。
怖いのは精神異常者系とかそんなの。
身近にいる普通に見える人が実は異常者主人公、そんなのが怖い。
変質者、性格異常者っていうのかなぁ、そんな奴等。

だらだらと妄想を書いた。
書こうとした時 「さて、この長ったらしい話をどうまとめて書けばよいものか?」 と一応それなりに悩んだ。
台詞や状況など全部物語風に書けば大長編になること間違いなしだし、書くつもりもなし。
書く作業に飽きるのは目に見えてる。

実際、簡単にまとめてザクザク書いているのにもかかわらず 「5」 を過ぎた頃にはもう書くテンションもどーんと下がってしまっている始末。
それなりのコンセプトやらはあるんだけど、いかんせん、書くのが・・・・。
無理矢理終わらせたのよ、バレバレですか~?な内容になってしまった(^^;)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。