FC2ブログ
SMに関してのアダルトな内容です 20歳未満 SMや女性上位に不快感をお持ちの方は ご遠慮願います
♪ fin甚句 ♪


--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4連休で遊びほうけ、山積み仕事をやっつけてやれやれな私です^^;
丸々4日ネットに繋いでなかった・・・おぉ、メール箱が賑わってましてびっくり!

M男性からどっさりと賛否両論いただきました。
S女性は1人、M女性、ノーマルな男性が若干、S男性とノーマルな女性はゼロでございました。
その他の方からも若干。
がっつりお叱りのメールもございました。
否な方もとても暖かい文体でご意見を書かれていて、なるほどー、そうか、うんうんこんな考えもあるんだー、と興味深く読みました。

[気持ちの持ちよう]の続きを読む
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
セックスしない話ばかりしてきましたが、お待たせ致しました。
やっとセックスをするお話に入る運びになりました。

持続する関係には4タイプあります。
不快感はないけど、会話しても楽しくない話が合わない、好意が持てない、だけどSM行為の為だけに経験の肥し状態で関係が続くSMだけの関係。
会話も楽しい、友人でいたい、互いに好感が持てるSMなよい関係。

好感が持て、Mな姿勢も自分と合う。
関係を続けてもいいなぁ、と思う相手であってもそれが全てセックスに繋がるとは限りません。
なんの問題がある?と思われるでしょうが、これはもう説明しようがありません。
私にしたくない気持ちがあるのですからしょうがない。
しいて言えば、よい友人のままでいたいと言うところでしょうか。
よい関係でいたい、SMな方達にはご理解頂ける表現だと信じておりますが、ノーマルな方達には???な部分があると思われます。

自分と関わるM男性全部、誰とでもセックスしていません。
むしろ、割合で言えばセックス関係になった人の数の方が少ない。
いろんなパターンや進み方が自分なりにあります。

セックスをするか、しないか、だけの視点で考えて言いますと、するしないが無条件で確定してしまう、その基準が私にはあります。
面接をしまして、SMプレイをしましょう、となったお相手が既婚者の場合、しないに決定です。

S女とM男のセックスはどうなのでしょう?

私は、他のS女性がどういったプレイをしているのか、そういう類に全く興味がありません。
が、自分がしたい行為で経験がなかったりした場合など、他の女王様のサイトを検索してお勉強参考にする、これは多々あります。
訪問して記事を拝読、画像拝見などするのですが、その際、この方いいなー、と惚れ惚れする女王様がたまにいらっしゃいます。
そうなると隅々まで拝読拝見します。
これは私の記憶する限りの狭い範囲ですが、そこにセックスに関してのカテゴリーはありません。

SM愛好家なら、お道具、お衣装は大事にしましょう。
物にも魂があるとよく言われます。
ん?植物だったか?
まぁ、どっちでもいいです。
でないと、彼ら彼女らは思わぬところで密かに逆襲を企て、そして素早く実行に移します。
それと、出入り禁止とは本来受け入れ側などが使う言葉です。
が、訪れる側が2度と出入りが出来ない状態に陥った場合はどういうのでしょうか?

どうも、fin です。

毎度毎度、家族を切り売りしてネタをせっせと書いており、恐縮の極みではございますが、なにせ、キョーレツキャラ満載の我が家。
先日の母親など、まだまだ触り程度のお話しかしておりやせん。
S性は遺伝するのかいな?などと思わせる残虐ぶりでございました(笑)

どうも fin です。

皆様、当たり前ではございますが、母親はおりますよね。
私にもおります。
しかも、いい歳をして実家に入り浸っている私は、今現在も上げ膳据え膳のお嬢様な状態でありましてまったくもって頭が上がらない。
ほぼ言いなりになっております。
言いなりではありますが、非常識な要望や勝手を押し付けられるコトはないわけで、とてもありがたい母親なのです。

「昨日ね、いつものタバコ屋に買いに行ったら、ばーさんがいないんだよ。それで、ばーさんはどうしたと聞いてみたんだ。ばーさんは風邪をこじらせて寝込んでいるって言うんだ。で、孫嬢が店番していたんだよ」
「ふーん、若い嬢ちゃん?」
「大学生」
「あそこのばーさん、若い頃はべっぴんだったからさ、孫嬢もべっぴんさんだろう」
「そうなんだよ、ばーさんと何となく似てる感じだね」
「あの目がいいよ、きりっとして」
「そうだよ、その目が似てるんだ」
「そうか、それは頼もしい。で、性質はどう?」
「やっぱりばーさんの孫嬢だよ、笑顔でも目が冷ややかでさー」

ゲージツ家との出会いは、手っ取り早く言えば酒です。
夜のお仕事が長かったので、1人知り合うと藁藁と増えました。
飲み屋業を営んでいた私の親友は、絵を描くのと飲酒が趣味。
飲み屋業を辞めてから画材店で働き始めました。

で、現在は小さな画材屋を経営。
夜の時代から引き続き、地元ゲージツ家との和は広がるばかりです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。